FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サンマ缶」de「ペペサンマチーノ」の巻

40680047.jpg

東日本大震災を受けて、
いま宮沢賢治さんの詩集・言葉集が注目を浴びている。
私も家の本棚にあった、「宮沢賢治全集」という本を見返してみた。

「世界全体が幸福にならないかぎりは、個人の幸福はありえない」
「僕たちと一緒に行こう。僕たちはどこまでだって行ける、切符を持っているんだ」

宮沢賢治さんの生まれは、岩手県の花巻市。
彼が生まれたのは1896年8月27日のことであったが、
どのような運命の巡り合わせであろうか、誕生の2ヶ月前には「三陸地震津波」、
そして誕生から5日後には「陸羽地震」という2つの大きな震災が岩手県を襲った。

「何がしあわせかわからないです。
 本当にどんなに辛いことでも、それが正しい道を進む中の出来事なら
 峠の上りも下りもみんな 本当の幸せに近づく一足づつですから」

また、晩年の1933年にも「三陸沖地震」にも見舞われている。
大きな災害で疲弊した郷土を、宮沢賢治さんはどのような思いで目にしたのだろうか。

「僕もうあんな大きな暗(やみ)の中だってこわくない。
 きっとみんなのほんとうのさいわいをさがしに行く。
 どこまでもどこまでも僕たち一緒に進んで行こう」

宮沢賢治さんは生涯を通じて、岩手県を愛した。
彼の作品の中には、「イーハトーブ」という、
岩手という言葉をもじった、理想郷の名前が度々出てくる。

「ぼくはきっとできると思う。なぜならぼくらがそれをいま かんがえているのだから」
「真の幸福に至れるのであれば、それまでの悲しみは、エピソードに過ぎない」

2011年3月11日。いま再び、岩手県は東日本大震災という震災に見舞われた。
宮沢賢治さんは、この光景を見て何を思うのだろうか。

「けれどもどうしてももうできないときは 
 落ちついてわらっていなければならん。落ちつき給え」
「一つずつの小さな現在が続いているだけである」

いま一度、岩手県、東北地方、そして日本全土が、
私たち日本人の「イーハトーブ」に向かって進んでいくことを私は願う。

「雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ
 丈夫なからだをもち 慾はなく 決して怒らず いつも静かに笑っている
 一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜を食べ
 あらゆることを 自分を勘定に入れずに よく見聞きし分かり そして忘れず 
 野原の松の林の陰の 小さな萱ぶきの小屋にいて
 東に病気の子供あれば 行って看病してやり
 西に疲れた母あれば 行ってその稲の束を負い
 南に死にそうな人あれば 行ってこわがらなくてもいいといい 
 北に喧嘩や訴訟があれば つまらないからやめろといい
 日照りの時は涙を流し 寒さの夏はおろおろ歩き
 みんなにでくのぼーと呼ばれ 
 褒められもせず 苦にもされず そういうものに わたしはなりたい」

今日のパスタ
『ペペサンマチーノ』

<材料:2人前>
スパゲッティーニ…200g
サンマ缶(汁ごと)…1缶
にんにく(みじん切り)…1~2かけ
鷹の爪(輪切り)…1~2本
オリーブオイル…大さじ2
塩・こしょう…各少々

<手順>
1 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で熱し、
  香りが立ったら、鷹の爪、サンマ缶を中火でサンマの身がほぐれるまで炒める。
2 パスタを絡ませ、塩・こしょうで味を調えて、フィニッシュ!


震災地域の復興を願うとともに、
震災で犠牲になった方々へ、心よりご冥福を申し上げます。

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ


レシピブログに参加中。クリック求ム。

パスタ熱血向上委員会が推奨する、
プラスパスタのサイトはこちらから→「プラスパスタ 日本製粉webサイト
スポンサーサイト

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

アメニモマケズ‥

今回の震災で日常の当たり前が幸せすぎる贅沢だったことに気づかされましたよね。そして改めて私達は人間として自然のなかで生かされているのを目の当たりにさせられました。

カゼニモマケズ‥
だからこそ、生かされている自分たちにはどうにもならぬ自然とうまくつきあわなければならないし、皆で協力しなきゃならないんですよね。

ジョウブナカラダヲモチ…自然に打ち勝つ丈夫なからだをつけるには!パスタです、パスタ(=^▽^=)!!

これからもいろんなパスタ紹介して皆を元気にしてくださいね(o^∀^o)

まゆみぼんさんへ

まゆみぼんさん、
コメントどうもありがとうございます。

当たり前の日常。
ぶつぶつと文句を言うこともありましたが、本当に幸せだったなと。
贅沢でした。そして、失ってはじめて気が付きました。
私たち人間は自然に生かされているのだと。
ライオンシェフや宮沢賢治さんのおっしゃる通りです。
協力しましょう、手を取り合いましょう。
人が人のためにできることって、本当にわずかなことかもしれない。
けれど、そのわずかなことが、きっと大切なことなんだ。

そうそう、パスタ。パスタの話。
え~っと。褒められもせず 苦にもされず
そういうパスタをわたしは作りたい
パスタ熱血向上委員会

パスタ熱血向上委員会

Author:パスタ熱血向上委員会
パスタ人の
パスタ人による
パスタ人のための委員会

名誉係長:是二丸
お料理番長:シキリン
役職考え中:NANA
書記:キムラ
    (↑ブログの管理人)

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
パスタ熱浸透数
書記キムラの読書録2010-2012
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。