FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ピザソース」de「おつまみマルガリータ」の巻き

42060052.jpg

昔々、木々たちに囲まれたのどかな農村に、小さな小学校がありました。

生徒たちは、みんな仲良し。先生や大人たちの言うことをきちんと守り、
間違ったことは、みんなで注意し合いながら、自分たちで直すことができます。

そんなある日のこと。
ひとりの転校生が、都会の街から引っ越してくるという話を先生から聞かされました。

子供たちは、めずらしい転校生との出会いに、ウキウキ、ワクワク。

ところが、学校へとやってきた転校生の姿を見て、
子どもたちは、ビックリしてしまいました。

なぜなら、その転校生は、男の子の顔をしているのに、髪の毛が長かったからです。

私タチノ新シイ友人ハ、男ノ子ダロウカ? ソレトモ女ノ子ダロウカ?

子どもたちは、口々に同じことを言い始めました。

この農村に住む男たちは、子供も大人も、皆、ツンツルテンの坊主頭にするのが決まりです。
ですから、村の子供たちは、長髪にしている男の子を見たことがなかったのです。

私タチノ新シイ友人ハ、男ノ子ダロウカ? ソレトモ女ノ子ダロウカ?

驚きとショックのあまり混乱をきたしてしまった子どもたちは、
繰り返し、繰り返し、同じ言葉を呪文のように呟きます。

私タチノ新シイ友人ハ、男ノ子ダロウカ? ソレトモ女ノ子ダロウカ?

やがて子供たちは、ぞろぞろと長髪の転校生の周りを取り囲みました。
どこから手に入れてきたのでしょう、
それぞれの手には、大きなバリカンが握られています。

助けてくれ、助けてくれ、助けてくれ。
転校生は怖くなってしまい、泣き叫びながら許しを乞いました。

私タチノ新シイ友人ハ、
男ノ子ダロウカ? ソレトモ女ノ子ダロウカ?

泣き叫ぶ転校生を、子どもたちはじっと見つめます。
その顔からはどんな感情も読み取れません。のっぺらぼうのような無表情です。

生徒たちは、みんな仲良し。先生や大人たちの言うことをきちんと守り、
間違ったことは、みんなで注意し合いながら、自分たちで直すことができます。

ビリっと空気の震える音がしました。バリカンの電源が入ったのです。
その細かな振動に合わせるように、抑揚のない声色で子どもたちは歌い出しました。

バリカン祭。バリカン祭。バリカン祭。
お祭、お祭、お祭。丸刈りだ。

そして、鈍く光るバリカンの刃先が、泣きじゃくる転校生の頭へと…、

バリカン祭。バリカン祭。バリカン祭。
お祭、お祭、お祭。丸刈りだ。

「お祭」「丸刈りだ」

「おまつり」「まるがりだ」

「おつまりまるがりだ」

『おつまみマルガリータ』

<材料:2人前>
ペンネ…100g
ピザソース…大さじ3
モッツァレラチーズ(ちぎる)…お好み
オリーブオイル…大さじ2
こしょう…少々
パセリ(みじん切り)…お好み

<手順>
1 ボウルにピザソースとオリーブオイルを入れ混ぜ合わせる。
2 ペンネとモッツァレラチーズを絡ませ、こしょうで味を調えたら、
  パセリをのせて、フィニッシュ!

毎度のことですみません。
この度のお話もフィクションであります。

のどかな農村。
その都会とは異なる空気感の中に、穏やかであるが故の怖さがあったりなかったり。

正直ものの子供たち。
その無垢さの中に、純真であるが故の怖さがあったりなかったり。

な~んて。そんなお話でした。
拝見していただき、誠にありがとうございました。


海老蔵パスタはもうお腹いっぱい

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ


レシピブログに参加中。クリック求ム。

パスタ熱血向上委員会が推奨する、
プラスパスタのサイトはこちらから→「プラスパスタ 日本製粉webサイト
スポンサーサイト

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

おぉ~~!
なんか怖かったですよ…このお話。
あぁお腹すいたなぁ。
この前久々にパスタ食べました。
市販のミートソースにピーマンやトマトやミンチを足して
炊き直してかけて食べました。
何も手を加えないよりも美味しかったです。
また一人パスタしよう~~。

今回のお話、奥が深いですね。
自分が正しいと思っていることが果たして100%あっているのか。自分の世界がすべてなのか。。
違うものが相まったことで新しいレベルアップななにかをつくりあげるのが理想ですね。これまたみつを的発想ですが(~_~)

ピザソースにパスタも相乗効果アップです!

ryuさんへ

たまには怖い話を書いてみようかと思いまして…へへ。

何だかよく分からない物語になってしまいましたが、
これはこれでアリだなと自分で納得(笑)

あ、ryuさんのパスタライフが再開されたのですね♪
カムバックおめでとうございます。
私もよく市販のミートソースを食べますが、
ryuさんと同じく、挽肉をプラスします。
だって、レトルトのソースって、
ちょこっとしかお肉が入っていないですもんね(笑)
ピーマンの風味をプラスするのも賛成です。旨そう♪

一人でも二人でも、ネコちゃんたちも含めた、
パスタライフを満喫してくださいね。

まゆみぼんさんへ

村八分の怖さですね。

仕来たりに縛り付けられた村人たちは、ルールを曲げることを嫌います。
新しいものは排除する。そして、内々のうちに処理される様々な物事。
そして、それが複雑な因縁へと変わっていく…、というような、ミステリーを読むのが好き。
金田一耕助が活躍するようなやつです。はい。
実は私、底抜けに暗いんです(笑)

社会と隔離された文化ってすごく怖いですよね。
ライオンシェフのおっしゃる通り、自分の世界がすべて。絶対的ですから。

けれどもやっぱり、違ったものを受け入れ、
共に深め合っていかなければ文化は進化していきません。
人間、やっぱり懐が深くないといけませんよね♪

書記キムラにライオンシェフも相乗効果アップです(笑)

( ゚∀゚)・∵. ガッハァ~!!!

冒頭の文章で
わぁ、なんだか素敵な物語が始まりそう♪
と、わくわくしながら ちょっとずつ行ったり戻ったりしながら勿体つけて読み進めていたら
最後はまさかのホラー ( ゜∀゜ ) アヒャ!!
途中からもう、子供たちが宇宙人キャラだしww

うふふ♪ パスタパスタ♪
ピザソース! これを使えば他は何もいらないですね!
モッツァレラを使うところがにくいです(´ェ`*)ネー  

「丸刈りーだ」 ね。
今日はすぐぴんときましたよ~

で、この男の子、丸刈りにされてその後
どうなったんでしょうか?
気になるじゃないですか~

とよく見るとフィクション!
それでも、のどかな農村、正直な子供
これは怖いです。
排他主義そのものですからね。

今日のパスタは超私好みです。
これ、トマトのホール缶+にんにく(青森産ですよ!)で
ソースを作りつつ、ペンネを茹で
絡めて食べます。
ピザソースもお手軽でいいですね。
もう、シンプルの極致みたいなおいしさですよね。
私はオレガノやバジルをかけるのが好きです。

これはまた弁当メニューだなw

おぉ~!!またまたある意味ショートホラーなお話!
おもしろ~い!!
丸刈りからマルガリータにつながるのかっ!!

なんかねぇ、小学校5年生の時に転校する事になった
長男を思い出しましたよ。
坊主がイヤで髪を切ることを拒否していた長男の髪は
肩に届いていたんです。
転校先の小学校へ行った時に校長先生が
「あれ?男の子じゃありませんでしたっけ?」と・・・。
学校だけでなく、あちこちで「お姉ちゃん」と呼ばれていた長男です(笑)

ピザソースにパスタ、は思いつきませんでした。
簡単そうでいいですね~♪

わ~怖かった~。
まるで、仲間幸恵の「トリック」かと思いました。
教祖様に村人たちが操られてる・・・そんなお話。
キムラさん、おちに至るまでのストーリー作りは、
いろんなジャンルで素晴らしいですね。
さすが、キムラ師匠!
水嶋ヒロも夢じゃありませんね。

パスタ。
ピザソースを使う手もありましたね。
最近は、市販のパスタソースがいっぱい出ていますね。
ナポリタン用ソースがあって、つい買ってしまいましたが、
まだ使ってません。

寒いざんすねぇ~~

今年は寒い。

丸刈りなんて考えるだけでも寒い。

ホット丸刈りなんてないもんですかね。

そう云えば5キロ入りのパスタを完食しました。

一年もつかと思ったら、自分でも驚くほどパスタが好きだったと云うことでしょうか。

キムラさんのレシピも多いに活用したので、それもあるのかもね。

v-391

santababyさんへ

( ゜∀゜ ) アヒャ!!

ほのぼのとした雰囲気を
一転させるお話を書きたいと思いまして…はい。
結局、訳の分からないお話になってしまいましたが(笑)
( ゜∀゜ ) アヒャ!! っとしていただきありがとうございます。
その驚きが私の糧となるのです。( ゜∀゜ ) アヒャ!!

ペンネを大量に茹でたはイイが、
同じく大量に余ってしまったときは、
よくこのピザソースでその問題を解決したりします。
お手軽さがね、イイんですよ♪

torotoroさんへ

丸刈り、バレバレでした?

すみません。私の足りない脳みそでは、
マルガリータからは、「丸刈り」という言葉しか思いつきませんでした(笑)

その男の子はどうなったのでしょう?
丸刈りにされてしまったのでしょうか?
それとも逃げ出せれたのでしょうか?
いやはや、もうすでにバリカンで頭を刈られる側から、
刈る側へと変貌を遂げてしまっているのかもしれません。
自分でも気がつかないうちに取り込まれてしまっている。それが排他主義の怖さですから…。
とりあえず、お話の続きは、
いつものごとく、投げっぱなしということで(笑)

ピザソースやトマトソースのペンネって最高ですよね。
ご賛同ありがとうございます。
シンプルなのに本当に美味しい。
ソースをかけるだけですから、ペンネを茹でる時間を省けば、
実質的に調理時間は1分ぐらい?(笑)
オレガノやバジルでの飾りつけも、シンプルだからこそ映えます♪

お弁当に入れ、持って行く間に、
ペンネによく味が染みこんで…旨そっ♪

ぱぴぐるとさんへ

ありゃま♪
ちょっとした実話になってしまいましたね。

そうですか、長男さんは、
髪の毛を刈られる側だったのですね?
バリカンを持った子供たちに囲まれませんでしたか?
大丈夫でしたでしょうか?(笑)

そう考えてみますと、
このお話はおおげさにしても、
男の子は短髪であるという文化が、
日本にはいまでも根付いているということでしょうね。うん、うん。

ピザソースにパスタです。簡単で美味しいですよ。
ピザソースもペンネもよく余りますから、
年末の大掃除の際に、
冷蔵庫の奥のほうや、戸棚隅っこから材料が見つかりましたら、ぜひ♪

ましゃたろうさんへ

トリックに出てくる村人たちは怖いです。

呻いていることは面白おかしいことなんだけど、
それでも十分怖いですよね。
「おっかぁ~さまぁ~」とか…。
実はそこをイメージして、この物語を書いてたりして(笑)
痛いところ突かれちゃった。ふふふ。
さすがにましゃたろうさん、鋭いなぁ~。

水嶋ヒロになるには、文章のほうもそうですが、
まだまだ顔のほうも磨かなければならないようです。
あともうちょっとなんだけどなぁ~(笑)

ナポリタンソースですか。イイですねぇ~。
私は市販のソースでいうと、ボンゴレ用のパスタソースが好きですね。
貝の香りがたまらんです。はい。

ぴゆうさんへ

いや本当に寒いざんすよ。
寒くて、寒くて、もうずっと布団の中で眠っていたいかも…。
は~やく来い来いお正月。

ホット丸刈りですか(笑)
そうですね。そのうちコンビニに並ぶような気もします。
ホットレモンとホットミルクココアの間ぐらい。
ちょっと、イガイガしている手触りがクセになります(笑)

5キロ入りのパスタ。これは驚きの大容量ですね。
メガを超えた、テラの驚き♪
レシピの活用ありがとうございます。
次はぴゆうさんが、
10キロ入りのパスタを完食させられるように頑張ります♪
パスタ熱血向上委員会

パスタ熱血向上委員会

Author:パスタ熱血向上委員会
パスタ人の
パスタ人による
パスタ人のための委員会

名誉係長:是二丸
お料理番長:シキリン
役職考え中:NANA
書記:キムラ
    (↑ブログの管理人)

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
パスタ熱浸透数
書記キムラの読書録2010-2012
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。