FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イカ缶」de「イカキャベチーノ」の巻

40680070.jpg

「そうだ、北へ 行こう(その7)」
                          ↓前回記事はコチラから↓       
<前回までの続き>       「その1」「その2」「その3」「その4」「その5」「その6
「旅」というものに憧れていた、ニ十歳の頃の私は、
「青春18切符」を片手に、北へと向かう電車の旅に出かけた。
4日目。北海道から折り返しの旅を始めていた私だったが、
予定より進行が大幅に遅れ、東京に着く予定のところを福島駅でストップしてしまった。
そして、旅の最終日。5日目…。


旅って一体何なんだろう?

以前読んだ雑誌の記事で、石田衣良さんが旅についてのコメントを出していた。
「少年は旅に出たところでたいして何も変わりはしない。
                    旅に出ようと思った時点で少年はすでに成長したのだ」

青春18切符の旅、5日目。
早朝に福島駅を経った私は、昼近くに東京の高田馬場駅へと到着した。
先日、電話で連絡を取った友人と、再度の待ち合わせをしていたためである。

「青春18切符」の有効利用回数は今日の分で終わりだ。
本当なら、私は本日中に、実家のある岐阜へと帰りつかなくてはならない。

しかしながら、ここに来るまでの電車の中で、私はその予定をリタイヤすることを決めていた。
1日だけ旅の時間を延長し、東京という街を満喫してみようと思ったのである。

「おうおう、久しぶりやないか」
友人が待ち合わせの場所、高田馬場駅前の「BIG BOX」へとニコニコしながらやってきた。

「お前、明日バイトって言ってたやろ? 帰らないかんとちゃうんか?」
「あぁ、さっき明日休みますって電話入れておいた。だから今日はお前んちに泊まるわ」
「ふ~ん、そうか。なら東京の街をたっぷり案内したるわ。行こうぜ」

私は、友人の歩調に合わせるように、
大小たくさんのビルが立ち並ぶ、大都会東京の街を歩き始めた。
それにしても人が多い。次から次へと、どこからともなく湧き出てくる。

「そういえばさ、北海道に行ってきたんだから、美味しいものとか食べてきたのか?」
「いや、ほとんど何も…」、「なんやそれ。どうせなら有名な駅弁とか食べてくれば良かったのに」
「有名な駅弁?」、「そうそう。確か函館だと“いかめし”とかが有名じゃなかったけ?」
「へぇ~“いかめし”ってそうなんだ。全然頭になかったわ」

『イカキャベチーノ』

<材料:2人前>
スパゲッティーニ…200g
イカ缶(汁ごと)…1缶
キャベツ…好きなだけ
にんにく(みじん切り)…1~2かけ
鷹の爪(輪切り)…1~2本
オリーブオイル…大さじ3
塩・こしょう…各少々

<手順>
1 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で熱し、香りが立ったら、
鷹の爪、キャベツ、イカ缶を強火で炒める。
2 パスタを絡ませ、塩・こしょうで味を調えて、フィニッシュ!

友人に新宿周辺をぐるぐると案内された後、私は友人宅に泊まらせてもらうこととなった。
ゴミや荷物が散乱している部屋内は、
私がこの旅の最中、寝床として使ったどの場所よりも狭く、そして恐ろしく汚かった。

そして、青春18切符の旅、6日目。
友人に別れを告げ、東京を後にした私は、
静岡を経由して名古屋へと向かう電車に乗っている。

5日目で「青春18切符」を使い切り、
6日目の東京から岐阜までの電車賃は、割り増しという形となったが、それでイイ。後悔はない。

車窓というキャンパスに描かれた草木たちが、
黄金色の夕日を浴びながら、右から左へゆっくりと流れていく。

旅が終ろうとしていた。
果てして、この北への旅を通じて、私は何を得ることができたのだろうか?
何かを掴むことができたのだろうか?

分からない。

車窓の景色を眺めながら、
旅先での出来事を振り返ってみたところで、それは依然として分からない。
もしかすると、そのうち分かるものなのか?

電車が停車する。
ドアが開閉する音がする。
そして、またゆっくりと走り出す。
スピードが上がる。
私は車窓を眺め続ける。

あぁ、なんだ、ここはもう知った景色じゃないか。
(了)

この物語のあとがきはこちらから→「あとがき

思えば遠くへ来たもんだ 故郷離れて六年目
思えばパスタと来たもんだ この先どこまでゆくのやら

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ


レシピブログに参加中。クリック求ム。
スポンサーサイト

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

あぁ… 完結してしまった
早くも次の物語りを欲しています 

イカキャベチーノ 旦那が好きそうです
私もアレルギーがなければ食べてみたい
イカを食すと胃痙攣に見舞われます

あっ、関係無かったわね 失敬!!

こんにちは。

前回のかにかまに続き、今回はいか缶。。。

かにかまといかはうちの4匹のうち1匹が
異常に好きな食べ物です。
あ、どうぞご心配なく。
獣医さんのお墨付きなんで。

こんなもの調理してたら、家のなかのどこにいても
すっとんできてくれーくれーと大騒ぎされます。
なので、飼い主がおすそ分けされます。
でも、いずれまた試してみましょう。
途中で味見は忘れないよう気をつけます。

torotoroはパスタメニューを増やしたいので
たまにうかがってますが、ご多忙なキムラさんに
お越しいただくなくてもけっこうですよw

おかげで、定番メニューが2・3増えましたからw
コーンスープは今から出番増えそうです。

とうとう、完結してしまいました。
その後、得たものが何だったか、わかりましたか?
石田衣良さんのいうように、旅に出ようと思った時の心情、準備に費やす作業、
これこそが成長なんでしょうね。

先生、次回作、楽しみにしていますよ~!

お~っと、パスタを忘れておりました。
私、イカ缶食べた事ありません。あること自体しりませんでした~。

読んでいて ふと思ったのですが
僕は、いわゆる ぶらり一人旅ってしたことないなって思いました……
そして なんで してこなかったんだろう?と疑問に……
きっと 目的が明確でないと腰が重かったり、目的を持って旅に出る際には 誰かと一緒という前提が何故かあります。

よくよく考えたら
一人旅をしてこなかったって 成長の過程で 大事な経験をしないできてしまったような……
そんな気もしてきますね。
う~ん 今からでも ちょっと旅にでも出てみようかなぁ? 家族に内緒で(笑)

一言で旅と言っても、体験したことは人それぞれ違うわけで、例え私がキムラさんと同じ道を辿って旅をしても、また違う物語ができるんだと思うと深いですよね…。
そう思って、日記を見ていたら旅好きの血が騒いできたので、バッグ一つ抱えて飛び出しちゃいました
人との出逢い、楽しみです

今こうしてブログでたくさんのキムラ書記ファンを楽しませてくれている現実。意味のある一人旅だったんですよ。

その時は「意味あんのかな」なんて思ってたことが、面白いことにのちのちの人生で良い結果をもたらすもんですよね。わたしはレストランのホールのバイト経験がいまの会社でのお茶出しに役立ってますよ。バイト代を稼ぐのが目的だったのに、知らぬ間に片手でふたつのコーヒーカップを持ってクールに片付けできる技を習得してました。

女子は安全面でもなかなか一人旅はできぬので、うらやましいでございます。

こんにちは。
イカとキャベツの相性ってイイですよね(^^)
やっぱり美味しそうだなぁ、、、「イカキャベチーノ」、、、酔っぱらい時の僕なら、ぜったいに発音できないっすねぇ(笑)「イキャっ、イギャ、イカギャ、、、」

人生の経験値って、その場でわからないモノが多いものですね。
数年経って、「あ、あの時の、、、」なんてイカされる事が、たくさんあったんだと思います。
今、ネタになってますもんね(^^)

思えば遠くへ来たもんだ 故郷離れて13年。
今でも飼い猫三匹持ち、、、この先、どうなってしまうのだろう(笑)

「先生ーー」

「声だけは異常にでかいね、耳が痛くなる」

「それは褒めてるんですね」

「耳までおかしいのか?」

「ええと、イカについてはですね、わたくしめ、一言ありますです」

「・・・適当に言いなさい、簡潔にだよ、話は完結したんだから」

「ええーー、わたくしめ生烏賊を買った場合、必ずワタとエンペラなんかをですね。
ブツブツと切りまして、それをビニールに入れてぐちゃぐちゃにして、そこにニンニクと醤油を入れて」

「まだ続くのかね」

「これからが本番です。いったん冷凍する」

「それで?」

「でっ、忘れていたりする」

「はぁ?~~」v-15

「でっ、ある日、冷凍庫を覗くと」

「覗くと?」

「あるんですよ、れいのブツが」

「・・・」

「おおーー、こんなのがあった!」

「・・・・」

「でっ、ブツをフライパンで炒めて、パスタを投入」

「うまいのか?」

「そりゃもう、忘れていた為に、熟成されたワタとゲソの絶妙なバランス、絡み合う茶色のソース。病み付きになります」

「やってみてもいい」

「ふふ、先生もワタの虜になりますでございます、次いでにわたしめの虜にも」

「絶対にならん!」v-403


グロいけどウマい物はアルデンテ

こんばんは^^

これ。
この記事だったんです、私の方のブロとも情報に上ってたのは。
そして次は、「旅の何たら・・・・あとがき」みたいなタイトル。
見に来てビックリしました。もしかして、予知夢の一種??(笑)

とうとう完了しましたね~。
「いかめし」からの発想ですかv-398
「ペペロンチーノ」とイカのコラボ、美味しそうです~~v-9
どちらも大好きなので、がっつりイケそうv-345

何はともあれ、お疲れ様でしたv-411

腹パンパン♪

イカのお腹の中に、
パスタを詰め込んでみたら面白いかもね~。
イカの内臓と一緒に炒めると美味しい✿
イカのお腹の中に、
あと何を詰め込もう。。。
夢と希望?

げ!!
またすべった~~~~~(・ω・;)

こんにちは

ひそかに楽しみにしていた「そうだ、北へ 行こう」シリーズが
終わってしまったのですね(T_T)
新たな物語を楽しみにしています。

ところで、イカ缶なるものがあるのですね!?
食べた事がないので興味津々です。
どこでも売ってるのかしら?
見つけてイカキャベチーノに挑戦してみま~す!

バケさんへ

ありがとうございます。
私にとっては随分と長かった物語も、
ようやく完結することができました。
バケさん、最後まで読んでいただき、大変感謝しています。
次の物語は…、うって変わって、SF物でもいきますか(笑)

そうですか、
イカアレルギーなんですか。そいつは残念だ。
ちなみに私の特技は痙攣ダンスです。
…すみません。これはさらに関係ないっと♩

torotoroさんへ

ご無沙汰してしまってごめんなさい。
いつも温かいコメントをいただくばっかりになってしまい、
大変申し訳ないです。
けれど、申し訳ないけどきて欲しい(笑)
今後ともによろしくお願い致します。

そうですか、
torotoroさんの方がおすそ分けをされるほう(笑)
猫たちと共にする生活。そして食卓。
ずいぶん賑やかそう。愉快だなぁ~♩

コーンスープパスタはヒットなんですね。
よし、よし、よ~し♩ 嬉しい、すごく嬉しいッス。
もっともっと、torotoroさんの定番料理を増やせるように頑張ります。
調子にノッちゃいそうだぜぇ、おう♩

ましゃたろうさんへ

え~っと、そうですねぇ。
実はまだ分かってないんですよ、旅で得たもの。
そもそも旅に行ったことすら忘れてたぐらいでしたから(笑)
でも、こうして記事を書いて、いろいろ思い返せて良かった。
思い出を辿る旅もイイもんです。
石田さんの言葉を目にして、
あぁなるほどなと思った私はイイ気になっているのかな(笑)

次回作、次回作、
そうだなぁ、時代劇などどうでしょう?
斬ったはったの人情ドラマ。 いかいか、イカがかな?

ましゃたろうさん、最後までお付き合いくださり、
どうもありがとうございました。

今日から極貧生活突入です。。。
冷蔵庫にはキャベツとしょうがだけ・・・生きて行けるかしら(笑)
イカ給料出ないとかえない~~~。
パスタもいかめしもおいしそうだわ。。。

naoさんへ

あっ、イイんじゃないんですか?
家族に内緒でひとりぶらり旅?(笑)

でもどうなんでしょう?
ひとり旅って成長の過程で必要な経験なのでしょうか?
私の場合のひとり旅は、ただの自己満足に終ったという感も否めません。
それに終始、退屈でしたし(笑)
やっぱり、話相手がいないというのは寂しいものです。

naoさんのように、自ら形成された家族とともに生きていく。
それはもうすでに、
ひとつの「旅」をしているということなんじゃないでしょうか?
素晴らしいことだと思います。

やりさんへ

えっ? マジ?
バックひとつで飛び出しちゃったの?
それは、すごい。今度、どんなことがあったか聞かせてくださいね♪

ひとそれぞれ違った物語がある。それが旅ですか。
なるほど、それは素晴らしい意見ですね。
確かに、私のようにトイレで寝る人はあまりいないでしょう(笑)
どんなものが掴めそうですか?
どんな人と出会えそうですか?

やりさんの行く旅に幸あれ♪

まゆみぼんさんへ

ありがとう、ライオンシェフ。
こんな嬉しい言葉をいただけるなんて、本当にこの物語を書いてよかった。
私の旅には意味があったんですね…(シミジミ)

そうそう、自分が経験した出来事は、
いつどこで役に立つか分かりませんよね♪
物事は不思議とつながっていく。
この快感があるからこそ、生きるということを止められません。
なるほど、片手でふたつのコーヒーカップを持ってクールに片付けだなんて、
あのマイケル・ジャクソンも簡単に真似できることではありませんよ。

ちなみに私は、大学生の4年間、郵便局でずっとアルバイトをしてきましたので、
郵便番号については詳しいです。(とはいえ、上2ケタだけですが…)

あひる課長さんへ

イキャっ、イギャ、イカギャ…。
いかん、酔っ払っていないのに、発音できないぞ。
もともと、酔っ払ったような頭をしているからでしょうか?(笑)

そうかぁ、
いまこのブログのネタとして使えたということが、
この旅が意味のあったものだという何よりの証拠なのか。
なるほど確かに。ふむふむ。
ありがとう、課長、私もそう思います。

そうですか、課長は故郷を離れて13年なのですか。
ずいぶんとベテランさんなのですね。私などは3年目のまだまだ新参者。
何卒、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。

ちなみに私の場合、今ではアロエとふたり暮らしでございます。
この先どうなってしまうのだろうという感想は、右に同じ(笑)

ぴゆうさんへ

おう、おう、なにそれ、なにそれ、
すごく美味しそうなんですけど♪

イカの内臓漬け?
うわぁ~、ニンニクと醤油ががっつり染み込んでしまってるんですね。
くぅ~、熟成♪ 熟成♪ たまんないなぁ~。

確かにパスタに合いそうですね。
ワタの苦味と、ニンニク醤油の深みのある味わい。
これは新しい。新しいですよ、ぴゆうさん♪
ペペロンチーノ、和風、クリームソース…、
どのカテゴリにも当てはまらなさそうですけど、
当てはまらないところが、またイイんです。素晴らしいんです♪
カテゴライズされない旨さですね。
今度やってみます。

グロいけど ウマくもない物 それ私

蘭さんへ

あっ、
それはおそらく、
私が上げる予定ではなかった記事を「公開」状態にしてしまったからだと思います。
すぐに「下書き」状態にし直したのですが、
更新情報に載ってしまったのですね。
混乱させてしまい、申し訳ありませんでした。
…でも、もしかすると、
蘭さんの持つ、予知夢の能力なのかもしれませんが(笑)

ようやく完了しました。ありがとうございました。
この物語の最中は、いつもにもまして、
パスタレシピが無理矢理放り込まれています。
そんなめちゃめちゃな展開にもめげずに読んでくださって、私は大変嬉しい。
蘭さん、どうもありがとうございました♪

TUBOさんへ

「いかめし」のパスタ版ですね♪
ずいぶんとパスタがイカ臭くなりそうです(笑)

…おっと、違うぞ、違うぞぉ~、
いまのは下ネタじゃないぞぉ~。
ただちょっとポロリしちゃっただけだぞぉ~。
ポロリといっても、アレやコレがポロリとしちゃったわけなないぞぉ~。

いいじゃないですか、「夢と希望」♪
あとは、少々の煩悩を詰めこみましょう。ふふふふ…

nekodasuさんへ

この物語をひそかに楽しみにしてくださっていたんですか♪
nekodasuさん、ありがとうございます。
私はひそかにではなく、大胆に喜んでしまおうと思います。
やったぁ~、やったぁ~!

かなり自分勝手な内容で書き進めたお話だったので、
これを読んで、読書の方が面白いと感じてくれるか、非常に不安でした。
けれども、皆さんから温かい言葉をいただき、
いまは、本当に書いて良かったなと思っています。嬉しいよぉ~。

イカ缶はスーパーの缶詰コーナーを覗いてくだされば、
きっと出会えると思います。
味が染み込んでいて、そのままでも充分美味しいんですよ♪

HannaChopiさんへ

生きていけないと思います…(笑)

このところ出費が重なってしまったんですね。
野菜も異常に高いし大ピンチ。
嗚呼、できることなら、
このパスタをご馳走させていただきたいです。
HannaChopiさん、食べて、食べて、ほら、ほ~ら。
…って、何だかイジワルしてるみたいだ。ごめんなさい。

今月も半ばを超えたことだし、
給料が入るまであと少し。ぎゃんばれ~♪
パスタ熱血向上委員会

パスタ熱血向上委員会

Author:パスタ熱血向上委員会
パスタ人の
パスタ人による
パスタ人のための委員会

名誉係長:是二丸
お料理番長:シキリン
役職考え中:NANA
書記:キムラ
    (↑ブログの管理人)

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
パスタ熱浸透数
書記キムラの読書録2010-2012
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。