FC2ブログ

「トマトスープ缶」de「カニカニトマトパスタ」の巻き

40820005.jpg

「そうだ、北へ 行こう(その5)

<前回までの続き> 前回記事はコチラから→「その1」、「その2」、「その3」、「その4
「旅」というものに憧れていた、ニ十歳の頃の私は、
「青春18切符」を片手に、北へと向かう電車の旅に出かけた。
3日目。ようやくたどり着いた北海道だったが、
美味しいものを食べようという当初の目的も果たせず、私は失意のまま、
駅構内の個室トイレで眠ることとなった。
気付けば、切符の有効利用日数は残り2日間。
旅を終らせるため、駆け足で来た道を引き返さなければならない。
タイムリミットの迫るなか、4日目の朝が明けようとしていた…。

44時間:25分:28秒

         44時間:25分:27秒
 
               44時間:25分:26秒……

とにかく、急がなければならない。

急がなければ帰れなくなる。私は始発前の函館駅で、ひとり焦っていた。
「青春18切符」の有効利用日数をオーバーしてしまうのもそうだが、
旅の日程を延長して、当時勤務していたアルバイト先に迷惑をかけるわけにもいかなかった。

4日目の目標は東京まで辿り着くこと。
そうすれば、あと1日かけて、実家の岐阜へと帰ることができる。

東京、東京、東京…。
そういえばと、中学からの同級生が東京に住んでいたことを思い出す。
電話をかけてみると、夜も明けきらない早朝だというのに、友人は元気よく起きていた。

「もしもし。あのさぁ、俺いま、青春18切符を使ったひとり旅の最中で、北海道に来とるんやけど」
「旅? なにそれ? 旅行とちゃうんか?」
「いや、旅行じゃない。旅や、旅。なぁ、ところで相談なんやけど、今日お前んちに泊めてくれん?」
「別に構わんけど、今日中に東京に来れるん? 確か18切符って鈍行電車しか乗れんやら?」
「大丈夫。何としても辿り着く」

連日失敗が続いていた寝床の確保が、本日は早々に出来てしまったようだ。
あとは、北海道を出発したら、真っ直ぐ東京へと向かうのみ

けれども、私には心残りがあった。
北海道っぽいものを何でもイイから食べておきたかったのだ。

そんな思いが神様に通じたのか、早朝から営業しているお店を見つけることができた。
そして、さらにラッキーなことに、函館駅構内にあるその喫茶店のガラス窓にある貼紙には、
「サッポロラーメン」の文字が恭しく躍っていたのだ。

これだ。これしかない。
私は年期の入った木造の入口ドアを開く。
すると、そのドアに付けられた小さな鐘のオブジェが、
カランとひとつ鳴り、店内に来客がやって来たことを優しく告げた。

本当は「カニ」が食べたかった。けれどもラーメンでイイ。これでイイのだ。

「カニカニトマトパスタ」

<材料:2人前>
スパゲッティーニ…200g
トマトスープ缶…1/2缶
カニ風味かまぼこ…好きなだけ
牛乳…大さじ3
にんにく(みじん切り)…1かけ
オリーブオイル…大さじ2
塩・こしょう…各少々

<手順>
1 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で熱し、
  香りが立ったら、カニ風味かまぼこを中火で軽く炒める。
2 弱火にして、トマトスープ缶と牛乳を加え、パスタを絡めたら、
  塩・こしょうで味を調えて、フィニッシュ!

その店で、味噌バターラーメンを頼んだことは覚えているが、
果てしてそれが美味しかったどうかは、いまはもう思い出せない。

ただ、北海道っぽいからと選択したバター味だったが、
後乗せする形式で、ラーメンとは別々に出てきたキューブ状のバター。
それを包んだ銀紙にあった生産地の記載欄に、大阪府と書かれていたことはよく覚えている。
北海道じゃなくて大阪のバターじゃん。ひとりでツッコんでみた…。

私はラーメンを食べ終えると、始発の電車に乗り、往路の旅を開始した。
しかし、正直なところ、ラーメンの味と同じく、私はこの日の記憶がほとんどない。
それというのも、北海道から東京へ向かう旅路は、終始眠りっぱなしだったからである。

始点の電車に乗り、眠り、終点の駅へ辿り着く。
また、そこを始点として、電車に乗り、眠り、終点の駅へと辿り着く。その繰り返しだった。

どうやら疲れのピークがやってきていたようだ。
座りっぱなしのお尻といい、肩掛けバックに磨耗された肩といい、身体の節々も痛んでいた。

それでも電車は、北海道、青森、岩手、宮城と、来た道をひたすら戻っていく。

しかしながら、終電は友人の住んでいた東京ではなく、福島県の福島駅で迎えることとなった。
全然間に合わなかったのである。

またもや、宿無しの夜にたどり着いてしまったのか。

北の地に比べれば、寒さはたいしたことはない。
けれども、私の体力はすでに限界にきていた。もはや宿を探す気力すらない。

あぁ、もう駄目だ。もう一歩も動けない。
駅を出て、福島駅周辺を少しの間、ブラついてみたものの、
やがて、その場にへタレ込んでしまった。

福島駅まわりは繁華街になっているらしく、たくさんのネオンが輝いている。。
やがて、その明かりがじんわり滲んできたかと思うと、今度はうっすらと霞み始めた。
あぁ、駄目だ。こんなところで寝てしまっては…。

最後の力を振り絞って目を開ける。するとさっきまでは気がつかなかったが、
「極楽湯」という看板を掲げた、四角形の大きな建物が、私の目の前に建っているではないか。

ははは。どうやら私は力尽きて、遂に死んでしまったようだ。
そしていつの間にか、極楽浄土へとやってきてしまたらしい…。

次回へと続く


人は誰もただひとり旅に出て~ 人は誰もパスタを茹で上げぇる~♪

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ


レシピブログに参加中。クリック求ム。
スポンサーサイト



テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

待ってました。  「そうだ、北へ行こう」シリーズ。

一日かけても、福島までなのですね。 日本って思った以上に、広いのですね。

寒い日にたべる、味噌バターラーメンは、美味しそう。

老後、のんびりと列車の旅がしてみたいです。

カマカマ~♪

来た時よりも、帰りの方が早く感じるのはなぜだろう。。。

カニカマって。
普通のカニカマだと
「あ~カニカマだ」って思えるけれど
たまにちょっと値段高いのを買うと
「あ~カニ。。。カマ。。。カマ??
カマだよね~??ちゃんとカマだよね~?!」っていうリアクションになるのは
わたしだけ。。。だよね~ぇ(*´∀`*)ゞ

何を言いたいのかというと、
カニカマの中の本物のカニカマです(笑)。
カニっぽいを通り越した「~風」を超越した感じ。

おはようございます^^

そうなんですよね~。
北海道と言ったらカニ。

私も確かに、北海道に旅行に行った時は迷う事なく毛ガニとズワイガニを食べました。
でも何故か、ラーメンが食べたくなるんですよね~!
九州であれほど食べ飽きるくらい食べてるのに。
カニを食べてしこたま飲んだ後に、コーンたっぷりの味噌バターラーメンを食べに繰り出した事が、昨日のように思い出されます。

やっぱり次は、いくらでしょうv-290

ましゃたろうさんへ

待っててくれたのですか?
嬉しい、その言葉は嬉しすぎる。どうもありがとうございます♪

そうなんですよ。
やっぱり電車の乗り継ぎは時間がかかりましたね、
もっと上手くやれば東京に着けたのでしょうが、
時刻表も持たない憐れな私は、その日福島ストップでした。

寒い寒い北海道で食べた、味噌バターラーメン。
きっと美味しかったんだろうなぁ~。ほとんど記憶にないけど(笑)

老後と言わず、いますぐにでも出かけてみてくださいよ。
旅の予感はましゃたろうさんを待ってます。

TUBOさんへ

分かる。それ分かるよ、TUBOさん。

高いカニカマって、
味もそうですが、見た目もビックリなほど「蟹!」、としてるものがありますよね。
白い斑点やスジのラインとか、蟹肉のほつれ具合もモロにそのまんま。
違いが分からない男の私は、
もし「利き蟹コンテスト」なるものがあり、
「蟹」と「蟹!っぽいカニカマ」を出されたら、
間違えてしまう確立50パーセントです。まさに運次第。
そうなったら、「カマ」をかけて、当てに行くしかありません。

…ダジャレで終ってしまった(笑)

蘭さんへ

え?
蘭さんは、北海道に旅行に行かれて、
毛蟹とズワイガニを食べられたの?
ちょっと待ってくださいよ、それは羨ましすぎる。
ヨダレダラダラの生ダラものです。ダラダラ…。

それに加え、コーンたっぷりの味噌バターラーメンも食されたなんて…。
うぅ…。自分の北への旅が、ひどく滑稽なものに思えてきたぞ(笑)

いくら。
いいッスよねぇ、いくら。
醤油付けのいくらを、どんぶり飯にしこたまぶち込んで、
烈火のごとく、ガツガツと口の中にかきこんでやりたいです♪

腹、減った…。

おめでとう…

中日ドラゴンズ 優勝おめでとう!!

う~ん、複雑な心境だー!!
素直に祝ってあげたいけど… ダメだーっ!!
今夜はサンマで「竜田揚げ」作って食ってやる!!
クライマックスでは負けんぞー!!

と、吠えてみました 笑


キムラさん、極楽浄土にシゲッチはいましたか?笑
もし見かけたら「おれ様が応援してやったキムラだ」と
シゲッチに自己紹介してやってください
きっと「長靴くれたら旅のお供をしてやるよ」と
XLな態度で言うと思います

本当に応援励ましありがとうございました

バケさんへ

バケさん、コメントありがとうございます。

ふふふ。
長靴を履いた猫を見かけたら、
シゲッチ君かと思って声をかけてみますよ♪
XLの態度でこられたら、私はフリーザイズの態度で柔軟に返してやります(笑)
ありがとう。私こそ、バケさんとシゲッチ君には、たくさんの事を教えていただきました。
100万回生きた猫。きっとまた会える。

さて、話は変わって野球の話です(笑)
「竜田揚げ」、「竜田揚げ」、「竜田揚げ」…。
竜が胴上げで「竜が上げ」♪ 駄目? こんなの屁理屈? 
クライマックスでも負けないぞ~。

やっと続きが読める♪

札幌ラーメンやっぱり食べずに帰れませんねー♪
でも 大阪のバター (;´ρ`) グッタリ  
だって、味噌ラーメン有名なのはわかるけれど
バターのほうが名産なんじゃないのーーー?w
テンション下がりますね。。
味噌ラーメンを頼めばよかった感があふれますね。。

そして 福島どまりでしたかー><
二つ返事で受け入れてくれた優しいお友達は
きっとビールでも買って待っていてくれたんでしょうね~(ノД`)・゜・。

さて、行きは地獄の温泉でしたが 帰りは本当に極楽湯になるのかどうか!
いよいよクライマックスですねー♪

おっと、パスタパスタ!
トマト缶じゃなくてトマトスープ缶なのがポイントですね!
味付けいらずになりますね~ 素晴らしい♪
にんにくだけはきっちり入れるところがにくいです!

P.S.次の作品の大まかなストーリーもそろそろ考えておいてくださいねヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャ

santababyさんへ

すみません、お待たせしました。
ついつい、ドラゴンズの記事を書かずにはおられなりまして…。
バターが大阪のものだったのを見たときは、ひとりでクスっと笑ってしまいましたよ。
本当に北海道のものには縁がなかったみたいですね(笑)

そうそう、そうなんです。福島ストップだったんですよ。
もうね、東京が遠くて遠くて(笑)
しかも、電車に乗りっぱなしだから、お尻が痛い痛い。
尾てい骨から尻尾が生えてくるかと思いましたもん。本当に(笑)

「極楽湯」。
ナイスネーミングだと思います。
ネットで改めて調べてみたことろ、全国に何店舗があるみたいですよ。
今度こそ温まりたいですね。冷え切ってますから、心も身体も。

物語はそろそろ終りそうですね。どういった結末になるのやら?
santababyさん、いつもありがとうございます。
毎度いただくコメントが大変励みになっております。
最後までお付き合いくださればと思います。何卒よろしくお願い致します。

追伸:次回の作品? マジっすか(笑)

大マジッすよ(・∀・)

「先生ーー・・・」

「久しぶりだね、ぴゆうくん、それにしても口から、カニカニトマトパスタがはみ出てるよ」

v-410「もぐもぐ、うんまいな、これ」

「そうだろう、いけてるんだよ。それにはね、実に様々なエッセンスが・・・」

「先生ーー」

「今、私が説明を」

「私は高校の修学旅行が北海道でした」

「ほほぉう、蟹を食べたのかね?」

「覚えているのは、あざらし、鈴蘭、ハッカようじです」

「なんと、マニアックな」

「それから、忘れられないのが、バス移動でケツが痺れた」

「それなら、よくわかる」

v-15「青春とはケツが痺れるですね」

v-403「・・・・」


マニアックでごめんね。

santababyさんへ

ありがとうございます。
santababyさんの「大マジ」を、
この書記キムラ、しかと受け取りました♪

ぴゆうさんへ

あぁ、ぴゆうくんと先生のやりとり復活だ(笑)
嬉しい、嬉しい♪ ありがとうございます。

「ハッカようじ」!
あったな、あった、あった。
先っちょにスゥ~とするのが塗ってあるやつね。
何も引っかかってないのに、
歯と歯の間をシー、シーしてました(笑)
あれは北海道のものだったんだ。
何故かは分かりませんが、仲間うちで流行った時期がありました。
誰がどこで買ってきてたんだろう?
いまとなっては「Xファイル」に閉じられるべき謎な出来事です。
…と、ごめんなさい、ついつい興奮してしまって、自分の話ばかりを長々と。

バター、大阪だったんですね。
こーいうのわかります。
torotoroは旅行をしたとき、お土産やさんで必ず製造元を
確認することにしているんですよ。
だって、京都タワーで、製造:甲府市○○というのを見たとき
あまりのショックに、旅の楽しさが半減したことがトラウマになってて…

鮭とキャベツのジェノベーゼ、作りましたよ。
いいと思いますが、torotoroの失敗でした。
鮭フレークの味だけでもよかったのに
つい塩を入れすぎてしまって。
おまけに自家製バジルソースにも塩が…

作り直してみます。

今回のは試すまでもなく十分おいしいでしょうね。

今回は、札幌→蟹→カニカニパスタなのですね。
北海道は 高校の修学旅行でしか行ったことがないのですが
いつかは 食旅行で北海道にも行ってみたいという夢があります。
で やっぱり 蟹や雲丹など海産物とラー麺が食べたいですね!

極楽湯は現実だったと私は信じていますよぉ~。
ラーメンもパスタもきっとどこかでつながってますよね!
トマトラーメンっておいしそじゃない?そういうの出てるのかな(笑)
福島も広島から見たら寒いけど、人の心はあたたかそうぅ。

おひさしぶりでございまする~♪
トマトスープ缶って買ったことないです。ジュースよりはドロドロしてるのかしら?
ミルクも使っちゃうんですね。おお!美味しそうです。
若き日のキムにぃしゃま。。。突発的な行動というか。。。無鉄砲というか。。。(^_^;)いいですね♪
キムにぃしゃまには到底及びませんが、かなり前に友人と三人で「そうだ!九州に行こう!」と行き先も決めず地図も持たず車で出発したことを思い出しました。案の定、とある工場地帯をグルグル三周するはめに。。。つまり迷ったわけです。
知らない土地の一般道を走るには地図が必須だと学びました♪
イタリアでも地図を調達しました。へへへ。学習能力ぅ~。

いつもマジギリギリっすってところで助けられるジャックバ‥あ、違った、キムラ少年。果たして極楽湯はキムラ少年の冷たい身体を温めるのか、それとも疲れと寒さのなか目を閉じてみえた幻想。。。??

カニカマは好きなだけですね。(レシピをメモメモ)

ふぁい。ひとパックすべていれちゃいます( ´ ▽ ` )ノ

torotoroさんへ

おぉ~、京都タワーで甲府市ですか。

これはショックだったでしょうね。
もう、ウソでもイイから製造元を「京都」と表示してほしかった。
あぁ、それだと虚偽記載になって、訴えられてしまうか(笑)
とはいえ、torotoroさんの気持ちは痛いほど分かります。
やっぱり、お土産はその土地のものを購入したいですもんね。

嗚呼、鮭とキャベツのジェノベーゼも調理してくださったのですね♪
そうですか、鮭フレークの塩加減だけで充分なのですね。
私のレシピでは、「塩・こしょう…少々」となっていますが、
もしかすると、塩加減は「鮭フレークで調節」としたほうがよろしいのかも。
自家製のバジルソースにも塩が(笑)
分かります。ちょっと足りないなと思って入れると、すぐにしょっぱくなり過ぎてしまう。
「ほどほど」というのは難しい…。
いつもありがとうございます。
レシピを紹介させていただいて、本当によかったぁ~。

naoさんへ

そうなんです。
今回は、札幌→蟹→カニカニパスタなのです。
とはいえ、「蟹」は「カニカマ」ですが(笑)

聞いたところによると、
北海道が修学旅行先だったという方はずいぶんとみえるようですね。
ちなみに私は、北海道とは思いっきり逆の福岡が旅先でした。
いいですね、雲丹。
蟹やエビや交えた海鮮丼とか食べたいなぁ~。
あぁ~、想像しただけでワクワクしてくる(笑)

HannaChopiさんへ

さぁどうでしょう?
極楽湯は現実なのか、非現実なのか?

トマトラーメンね。どうなんだろう、あるんだろうか?
前にナポリタンを調べていたときに、
「つけナポリタン」なるものを発見しました。
読んで文字のごとく、つけめんのナポリタンバージョンらしく、
どうやら、静岡県のご当地料理となっているようです。
なぜ、静岡がナポリタンなのかは分かりませんが(笑)
いちど食べてみたいなぁ~。

福島県出身の知人がいますが、
福島の方はよく喋る方が多いのだそうですよ(笑)

fede☆さんへ

あ、fede☆さんだ。
イタリアの旅から戻ってみえたのですね?
おかえりなさい。お待ちしておりましたよ。

「そうだ!九州へ行こう!」ですか♪
工場地帯を三周されるあたり、fede☆さんは方向音痴なのですね?(笑)
気のおけない仲間たちとの旅行って本当にイイものです。
ときおり、ケンカにもなりますが…(笑)
地図ね、地図。私もこれからは持ちあるこうかしらん♪

トマトスープ缶は、
fede☆さんのおっしゃる通り、ジュースよりドロドロしています。
けれど、それでもまだパスタソースとして使うには、トロみが足りない感じなので、
ちょっと煮詰めるぐらいが、ちょうどイイかな。

まゆみぼんさんへ

どうも、ジャック・バウアーです。
ウソです。書記のキムラです。

毎回、毎回、くだらないつながりですみません。
ちょっとドラマッチックに仕上げてみたかったんです。
だって、そうじゃないと、この旅は本当に滑稽な出来事ばかりだったから(笑)
現実か? 幻想か?
キムラ少年、がんばれ~! 
なんて、自ら応援してみたり(笑)

おっと? 
ライオンシェルは、「カニカマ」をひとパック全部?
「好きなだけ」と書いてしまった以上、私もあとには引けず(笑)
パスタ熱血向上委員会

パスタ熱血向上委員会

Author:パスタ熱血向上委員会
パスタ人の
パスタ人による
パスタ人のための委員会

名誉係長:是二丸
お料理番長:シキリン
役職考え中:NANA
書記:キムラ
    (↑ブログの管理人)

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
パスタ熱浸透数
書記キムラの読書録2010-2012
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる