FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスタが出てくる映画 その3 (パスタと〇〇:Vol.9)

忘れた頃にやってくる、シキリンでございます。

皆さま、この夏をいかがお過ごしでしょうか?

今回、ご紹介するパスタ映画は、フランシス・フォード・コッポラ監督の『ゴッドファーザーPARTII』(1974年)です。

DY-0209.jpg

言わずと知れたマフィア映画の最高傑作『ゴッドファーザー』(1972年)の続編ですね。

『ゴッドファーザー』のシリーズは、『ゴッドファーザーPARTIII』を加えて全三部作で完結となります。

そもそも、全編を通してシチリアマフィアの話しなので、「民族的にパスタが登場する確立は高い!」と、ふんで改めて全編を観てみたら、『ゴッドファーザーPARTII』にズバリがありました。

いや〜〜、しかし、むかし観た時より、断然良く感じましたね〜。パスタを探さしていることを、ついつい忘れる面白さ! 

今回は、ストーリーについては、あえて書きません。

かつて、暴走族をも虜にしたポール・モーリアの調べに涙し、マーロン・ブランドの頬の膨らみを探り、アル・パチーノには本当にシチリアの血が流れていることを知り興奮し、マフィアという言葉は、もともとシチリアの秘密結社の通称なのだとか、マフィアについて調べたくなったりもしちゃったりしちゃったりして……。

もはやストーリーどころではないのです。

フランシス・フォード・コッポラだとて、『ゴットファーザー〜愛のテーマ〜』が6連ミュージックホーンとなって、憧れのシャコタンのケンメリとともに第3土曜の夜を切り裂いていたことなんて知らないのでしょうよ。

というわけで、話しがどんどん横道にそれるので、ストーリーどころではないのです。

さてさて、
その『ゴッドファーザーPARTII』にパスタが登場するシーンは、……。

20090221161318.jpg

若き日のゴットファーザー、ヴィト・コルレオーネ(ロバート・デ・ニーロ)の家のダイニングで、ヴィトと二人の泥棒仲間がニューヨークの地回りのドンから要求されている“みかじめ料”に頭を悩ませている。

そんな時、テーブルに出されるのがヴィトの奥さんの手料理。それが、ミートソーススパゲッティとおぼしきものなのです。

のちにゴッドファーザーとなる、シチリアからニューヨークに流れ着いた少年の一生と、その家族の血の絆を描く『ゴッドファーザー』シリーズは、全編を通して食卓を囲むシーンが多い。

これは、“食卓を囲む”ことこそが、家族の絆を表現する有効な手法なのだと理解しました。

みんな集まって飲んで食べて騒いで。

実際、それこそが血族の結束にとって一番大事なことなのかも……。

『ゴッドファーザー』シリーズは、食事のシーンが多いだけに、パスタのシーンも探し甲斐があります。

実は、1作目の『ゴッドファーザー』と『ゴッドファーザーPARTIII』にもパスタとおぼしきシーンが〜っ!

このあと、長くなるので、続きは、また〜。


BY パスタ熱血向上委員会:お料理番長シキリン
スポンサーサイト

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

くぅぅぅぅぅぅ~~~~(><;
シキリンさん!! そうですそうです! この作品を忘れちゃなんねぇのです!!

ロバート・デ・ニーロ! アル・パチーノ!!
小学生だった私はこの映画を観た時、二人の「大人の男の匂い」に酔いました。
そして時が過ぎ、このテーマの一節を奏でるヤンキーホーンに痺れ、自分もまた大人の階段を上って行きました・・・。

素晴らしい映画は、何年絶とうと素晴らしい。
この映画の影響を受けた、マフィアを題材にした映画やドラマがどれだけある事か。
そして、デ・ニーロもパチーノもこの映画によって成功し、今やハリウッド映画界の重鎮になれた訳ですから、後世まで語り継がれる1作になる事、間違いなしでしょうね。

あ~、また映画が観たくなって来ました。

おっおおお!番長登場だ!
多分はじめてかも…?
どうぞよろしくお願いします~

でも、さすが番長!
<ゴッドファーザー>を出してくるとは…
金八ネタを愛するキムラ書記官とは
やはり違いますね~(笑)

今日は、ゴッドファーザーですか。

本当は、料理ブログではなく オペラブログの予定だった私的には…
ゴッドファーザーというと Ⅲの劇場での暗殺場面では
シチリアが舞台のオペラ カヴァレリア・ルスティカーナが上演され 音楽が流れます。
シチリアのオペラと言えば シチリア島の暴動事件を題材としたオペラ『ヴェルディ作曲 シチリア島の晩鐘』
シチリアには パレルモ・マッシモ劇場という歌劇場があり 数年前に来日し これら二つのオペラ(と道化師)を上演しました。

ゴッドファーザー好きとして 足を運ぼうと思っていたのですが 仕事が入り行けなかった悔しい思い出があります……


さておき

好きな趣味などがあると 映画などの見方も つい『趣味のものを探したり』して変ってきますね。


こんにちは

ゴットファーザー・・・

思い出します。
以前、映画館で見たときの事を...

前半10分以降は気を失ったのか寝てしまったのか
夢のスクリーンでしたけど...

ゴッド・ファーザーちゃんと見た事ないんだけど、
これってロバート・デニーロ???
別人???
すっごく色気ありますね、パスタ食べるとそうなるのかな。
え、ほんとにデニーロ?
かっこいぃなぁ。

好きな映画です。

記憶は少しうろ覚えになっているかもしれませんが、

親を殺されたヴィト少年が、ロバの篭の中に隠れ、たった一人、移民船に。

その切なさが忘れられません。

裏切り者の兄を、ゴッドファザーとなった弟が死のキスをする。

色んなシーンが頭に浮かびます。

とても強烈だった。

久しぶりに見たくなりました。

蘭さんへ

そうなんです!
蘭さん!
私も子供の頃観たのですが、「大人の男の匂い」を確かに感じ、憧れました。

しかし、こうやって大人になってみたのですが、どうも子供じみていて、あんなシブイ感じにはなれません。

ヤンキーホーン!

なんて、料理blogに相応しくないステキな字面なんでしょう!

とても親近感のわくコメント、ありがとうございました。







いちごっ娘さんへ

お久しぶりです。
ウディ・アレンの『おいしい生活』でも、コメントを頂いていますよ~。
まさに「忘れた頃にやってくる、シキリン」ということですね。

さすが番長?

そうだ! 私は、お料理番長だったんだ!
そろそろ、ちゃんとレシピを紹介しなければ……。

気づかせてくれてありがとう、いちごっ娘さん。





naoさんへ

ゴッドファーザーとオペラ!

それにしても、ゴッドファーザーには、いろんな話題が潜んでいるのですね。
ヤンキーホーンからオペラまで。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」のシーンを観るために、もう一度見直さなくては……。

映画って趣味人が観ると、見どころが増えるのですね。

大変、勉強になりました。おかげで見どころ増えました。
ありがとうございます。






すとすさんへ

こんにちは

寝てしまったのは、残念ですね。
でも、私も一度だけあります。
招待された試写会だったので、気まずかった~。

ゴッドファーザー、是非、もう一度、チャレンジしてみてくださいませ。

HannaChopiさんへ

はい、そうです!

ロバート・デ・ニーロは、格好良いのです。
元どーよのテルが、だいぶイメージをさげたのでは?
結構似てるし。

一番格好良いのは、やっぱし、「タクシードライバー」ですかね~。


ぴゅうさんへ

全体に切ない気分にさせるシーンが多いですよね。

そもそも、アル・パチーノの顔が切なげでタマランのです。

今度は、「切なさ」をテーマにみて観てみます。
パスタ熱血向上委員会

パスタ熱血向上委員会

Author:パスタ熱血向上委員会
パスタ人の
パスタ人による
パスタ人のための委員会

名誉係長:是二丸
お料理番長:シキリン
役職考え中:NANA
書記:キムラ
    (↑ブログの管理人)

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
パスタ熱浸透数
書記キムラの読書録2010-2012
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。