FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たくあん」de「たくあんじゃこチーノ」の巻

40680055.jpg

夏休みといえば、祖父と祖母が住む家だった。

私の母方の祖父と祖母は、
海と山に囲まれた、愛媛県にある漁村に住んでいた。

小学生だった頃の私は、
家族4人連立って、祖父母の家へと旅行に出かけるのが楽しみで堪らなかった。

当時、私が住んでいた岐阜県から愛媛県まで、車で約700キロ。
混雑を避けるため、出発はいつも深夜だった。

暗がりの高速道路。
車のテールライト。道路を照らす電燈。そして遠くに見える街の明かりたち。
その全ての光が、前方から後方へと流れていく。
ぼんやりと物憂げに佇みながら、まるで怠惰な生き物のようにゆっくりと。

「ああ、いまから自分は夢の世界へと向かうのだな」。
眠気さも手伝い、私はその風景を見ながらいつもそんなことを思っていた。

ジリジリと肌を刺すような、朝陽の刺激で目を覚ます。
しまった。いつの間にか寝てしまった。

慌てて起き上がり、外を見ると、そこには崖下に広がる大きな海。
太陽の照り返しが、生まれたての宝石のように、水面にキラキラと輝いている。
どうやら、私たちを乗せた車は、右へ左へと蛇行しながら、海沿いの山道を突き進んでいるようだ。

「もうすぐ着くぞ」。ドライバーの父親は早朝から元気がいい。
長旅を果たそうとしている誇らしげな気持ちが、少年に戻ったかのような若々しい声に表れている。

一方、寝起きの気だるさに包まれた私は、そんな父親を少しばかり鬱陶しく感じていた。

期待していた瀬戸大橋のサービスエリアで何故起こしてくれなかったのか。
車内での夜更かしを楽しもうと、たくさんお菓子を用意してきたのに…。

「お父さんが初めてここへ来たときは、まだこの道は舗装されてなかったんだぞ」。
去年も一昨年も聞いた話が、前部座席から聞こえ始める。

私は飲みかけのアクエリアスを喉に流し込んだ。少しも冷たくない。

やがて道が開けてきたかと思うと、潮焼けた家々が現れ始めた。
見慣れた写真を見え返すように、どれもこれも見覚えのある風景ばかりだ。

あぁそうか、僕はまたここへ帰ってきたんだ。

おかえり。おかえり。おかえり。

エアコンを効かせるため、窓を閉め切ってあるはずの車内が、
ツンと鼻を突く、潮の香りで満ち始める。
途端に眠気が覚め、ワクワクと弾む気持ちが胸中に広がった。

まずは、2階にある、ふかふかのベットの上で飛び跳ねよう。
海で泳ぐために、新しい水中メガメも買ってきた。
今年はどんな魚が釣れるだろうか。夜は従姉弟たちと花火をしよう。

ただいま。ただいま。ただいま。
じいちゃん、ばあちゃん、帰ってきたよ。

090913_1533~0001

…あれから時は経ち、祖父も祖母も、いまはもういない。
けれども、私は夏になる度、愛媛の海の景色を思い出す。これからも、ずっと、ずっと。永遠に。

じいちゃん、帰り際にくれた、お土産はいつも「たくさん」の「じゃこ天」だったよね。

「たくさん」「じゃこ天」

「たくあん」「じゃこ」

『たくあんじゃこチーノ』

<材料2人前>
スパゲッティーニ…200g
たくあん(みじん切り)…大さじ4
ちりめんじゃこ…大さじ4
にんにく(クラッシュ)…1~2かけ
鷹の爪(輪切り)…1~2本
オリーブオイル…大さじ3
バター…小さじ1
塩・こしょう…各少々
かいわれ大根…お好み

<手順>
1 フライパンにオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れて弱火で熱し、
  香りが立ったら、たくあん、ちりめんじゃこを中火で炒める。
2 パスタとバターを絡ませ、
  塩・こしょうで味を整え、かいわれ大根を散らして、フィニッシュ!


隣のパスタはよくパスタ食うパスタだ

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ


レシピブログに参加中。クリック求ム。
スポンサーサイト

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

いやだ~なんだか涙がでそうになりました~。

土産がじゃこ天ってとこで涙ひっこんじゃった(笑)。

いま長寿11○歳の高齢者の行方がわからないとかいろいろ話題になってますが…おじいちゃん、おばあちゃん大切にしたいものですね。

おこんにちはーv-411

今日は珍しくまじコメなんぞ。

私は茨城への里帰りが楽しみでした。

畑で取り立てのトウモロコシ。
クコの盗み食い(食い過ぎて腹壊す、毎年)
爺ちゃんの髭でジョリジョリーナをされる。
婆ちゃんの漬け物。
土間にプッと飛ばす西瓜の種。
憎たらしい、いとこ達との再会。
墓参り。
親戚同士のささいな喧嘩(いつも独身の叔父が怒られていた)

キラキラと夏の陽と共にしまい込んである思い出。

懐かしいよね。
ジワーーーーーンv-398

まゆみぼんさんへ

え? ダメ? じゃこ天で泣けない? 嘘でしょ?
私なんて、自分で書いててボロ泣きよ(笑)

まぁ、冗談はともかく、
じゃこ天は実際に私の思い出の味だったりします。
愛媛県の宇和島の特産品、じゃこ天。
少し焼いて、しょうゆとマヨネーズで食べるのが堪らなく好き♪

ライオンシェフの言うとおり、
信じられないようなニュースが飛び交っています。
高齢者の方々を大切に出来ない社会に未来なんてない。
人事だと思わずに、いま一度、国民ひとりひとりが考えるべきですね。

ぴゆうさんへ

そうそう、私のところにもいますよ、
親戚一同から、いつも叱られている叔父(笑)

ぴゆうさんは茨城が思い出の地なのですね。
何故、あの夏の日の思い出は風化することなく、
それどころか、いまになって、尚一層キラキラと輝いているのでしょうか?
トウモロコシ。クコの盗み食い。ジョリジョリーナ。漬物。
鮮明に甦る記憶たち。
懐かしくて、ジワーーーンとして、
二度と戻れないことを思うと、少しだけ涙が出そうになります。

な~つがす~ぎ、風あざみ~♪

夏の思い出からそこに来たんだ~。
愛媛県かぁ。私当分行ってないけど、瀬戸内海つながりですね。
穏やかな海が私は好きです。

たくあんがピクルスみたいな役割???
酸味がきいている食べ物が夏はどうしても
恋しくなるから、夏のパスタとして良いですねぇ。
メモメモ(笑)

私の両親の実家は同じ市内にあるので、遠方にある親戚の家を訪ねるといった経験が無かったのですが、今はわが子達をかみさんの実家の両親に会わせる為に、500kmほどの道のりを運転するのが長期休みの定番となっています。
子供達が大きくなった時に、良い思い出として心のどこかに残ってると良いなと願いつつ、絶賛スランプ中の小説を書きに戻ります……orz

たくあん…じゃこチーノだって?!
なんだと…これは…凄い!!

どんな味がするんだろ…うぅぅ!食べたいよ!師匠!!今度パクルね!笑


こんばんは。
なんだか同じ思い出があって、、、涙出そうになりましたよ。
深夜に出発、気づけば潮の香り、、、そうそう!そんな感じでした(^^)
お菓子とかいっぱい買って、夜更かししようと思っても、、、気づいたら寝ているんですよね(笑)

武田鉄矢さんの「少年期」を思い出します、、、。

じゃことたくあんのペペロンチーノ、たくあんの甘さがイイ仕事して、とっても美味しそうっす♪

ぽちっと応援♪

う~~v-406今日は、泣ける~~
と思ったら、
な~んだ、じゃこ天か~
まあ、じゃこ天が美味しいから許します(笑)

わ~いいなぁ。私は、おばあちゃんと同居だったし、母方も同じ町内。
帰省なんて、何のことなの?といった子ども時代でした。

愛媛なんですね。
一度だけ、行ったことがあります。
松山城、道後温泉、坊ちゃん列車にも乗りましたよ。

和風アイデアのぺペロンチーのですかぁ
見た目から爽やかで夏に合いそうですね。
ぺペロンチーノは、娘と一緒に食事をするようになってから御無沙汰なので
見ていたら 食べたくなってきましたw

時間よ 止~まれ!

思い出と居場所があれば
大切なその人がいなくても、
いつも私たちの心の中に生きています。

。。。おぉ~~~☆
お盆だね~!帰省だね~!!
キムさん、お盆って
私たちのこのあわただしい
日常の生活の合間のストップウォッチだね(*^_^*)
ゆっくり過ごしてみよっか♪

こんにちは

夏休みに祖父と祖母が住む家に行く・・・
いいですね!
井上陽水の「少年時代」という曲を思い出しました。

あと、木村さんのブログ、リンク貼らせてもらいました。

こんにちは^^

今日のキムラさんの記事を読んでたら、何故か頭の中に宮崎駿の作品が出て来ました。

愛媛県に住んでらっしゃったんですね~。
四国・・・一度行って見たい所ですv-290

たくあんとちりめんじゃこwpペペロンチーノ風に作るって凄いですね!
相変らずの素晴らしい発想に脱帽v-398

いつも思うのですがぁ~
とってもとってもいいお話でもでもー
最後のオチを読む度に
「これって本当の話なのかなぁ?」と
思っちゃう私はまだ修行が足りないでしょうか?(笑)

懐かしい~♪
とってもほのぼのと自分の子供時代を思い出せました、ありがとうございます。
私も毎年母方の田舎に行っていましたので・・・(*´ェ`*)
このパスタ、絶対美味しいですねb 味がめちゃめちゃ想像できてよだれがでます。
少量のバターも決め手なんだろなぁ。。。

HannaChopiさんへ

そうなんです。
なんでもメニュー名に落とさなければ、
気が済まない、困った病気にかかっているんですよ。
そうかぁ、HannaChopiさんは広島ガールだから、
瀬戸内つながりですね♪
瀬戸内海よりも綺麗な海を私は見たことがありません。大好きです。

たくあんは、ピクルスの補助的な役割というよりも、
そのまま、たくあんとして登場。
こんなことを言っては何ですが、ご飯に合うものは、だいたいパスタにも合います♪

茶倶楽さんへ

500キロですかぁ、遠いですねぇ。

でもそういった、旅行は間違いなく、
お子さんたちの素晴らしい思い出となるに違いありません。
私も今回、記事にさせてもらったように、
この夏の日の里帰りは記憶は、何にも代えがたい宝物です。
帰省する地が遠くにあるということは貴重だと思いますよ。

茶倶楽さんは、お盆あたりは500キロ離れた地に行かれるのでしょうか?
もし、そうならくれぐれもお気をつけくださいね。

男の料理人さんへ

パクって、パクって、どんどんパクって♪

男の料理人さんに、
レシピをパクられることこそ、私の生き甲斐なり(笑)
な~んて、私の方こそ、レシピをはじめ、
ブログを通していろいろなことを勉強させていただいてます。
私はドロボウ。
男の料理人さんが気付かないうちに、
いろんなものがパクられてるかもしれませんよ?

盗まれたもの、それはあなたの心です(笑)

あひる課長さんへ

あぁ♪ 僕は、どうして大人になるんだろう♪

武田鉄也「少年期」。
この歌は、キムラ家の車でよく流れていた曲で、
また、私にとって「ドラえもん映画」といえばこの曲です。
アイ ラブ 「少年期」。
なんで? なんで分かったの課長? すごいね。
そんなにポピュラーな曲じゃないのに(笑)

実は、課長が以前に書かれた記事に触発を受け、
私も自分の思いでをブログに残したいなと思い、
今回の記事を書かせていただきました。
課長。涙ぐんでぐれてありがとうございます。

ましゃたろうさんへ

ましゃたろうさん、泣いて。
頼むから、じゃこ天で号泣してくれ(笑)
ふふふ。美味しいッスよね、じゃこ天。
分かってくださる方がいて良かったぁ。

一度で、「松山城」、「道後温泉」、
「坊ちゃん列車」も行かれたのですか?
さすが行動的なお方だなぁ。
そういえば、聞いたところによると、「道後温泉」って、
「千と千尋の神隠し」に出てくる温泉のモデルになったそうですよ。

naoさんへ

パスタには何でも入れたくなってしまうもので、
今回は思わず、たくあんを入れてしまいました。

紹介した本人が言うのもなんですが、
もはやパスタなら何でもありなのか(笑)
でも結構イケます。多分。
美味しいと感じたのが私だけだったらどうしよう。

マズかったら、
頑張って、逆立ちしながら土下座します(嘘)
いや、土下座しながら逆立ち? 
ん? ん? 混乱してきました…。

TUBOさんへ

そう思います。
祖父も祖母も私の中で生きています。
TUBOさん、ありがとう。
あなたの温かい言葉は、いつも私を勇気づけてくれる。

ストップウォッチか。
確かにそうですね。
お盆とお正月は、日常の生活時間を止めてくれるストップウォッチ。
とはいえ、早々に夏休みを使ってしまった私は、
お盆は休みがなかったりしますが(笑)
気分だけでもゆくっりと過ごしたいと思います。
TUBOさんもよいお盆を♪

すとすさんへ

本当に貴重な夏休みの時間を過ごしていたんだなと、
いまになって思います。
「じいちゃん、ばあちゃん、ありがとう」。心から言いたい。

な~つがす~ぎ~風、あざみ♪
グッときますな。うん、うん。

リンクを貼ってくださったんですか?
こんなふざけたブログに?
ありがとうございます。ありがとうございます。

な~つがす~ぎ~風、あざみ♪
恐縮ですが、私のほうもすとすさんのブログを、
リンクに追加させていただきます。
大変、ありがとうございました♪

蘭さんへ

ジブリっぽい?
私の今回の記事はジブリっぽいの?
うひゃあ~、嬉しいことを言ってくださるなぁ。
ありがとうございます。
キムラ版「おもひでぽろぽろ」はいかがだったでしょうか?(笑)

祖父と祖母の住む愛媛に行くのが、
子供の頃の私にとって、何よりのごちそうでした。
龍馬に、うどんに、みかん。
四国は素晴らしい土地です。
一度行かれるのをぜひオススメしますよ♪

いちごっ娘さんへ

元来、嘘つきの私ですが、
今回の記事は実話だったりします(笑)

「これって本当の話なのかなぁ?」
ふふふ。どんどん疑ってみてください。
そして、どんどん深みにハマってみてください。
気づいたら、このブログから離れられなくなるかも…、
いや、そんなことはないな。
断じてない(笑)

修行する際は、ぜひとも富士山へ♪

さんたさんへ

いやもう、こんな記事を読んでいただいて、
しかもコメントまでくださって、こちらこそありがとうございました。

さんたさんも、やはり夏休みといえば、
祖父母の家へと行かれるのが定番でしたか。
本当に貴重な時間でしたよね。
もうそのときには、二度と戻れないということが、すごく寂しい。
けれども、私は忘れません。
あの風景、あの匂い、そしてあの笑い声。

今回のパスタは、少量のバターと、
皆さま方の「夏の日の思い出」が決めてとなっております。

たくあんまでもパスタにしてしまうキムにぃさまに脱帽です!
アイデア満載ですね!!
一見にぃさまの頭の中は駄洒落でいっぱいなのかと錯覚してしまいますが、パスタでいっぱいですね~♪
見習います♪♪

fede☆さんへ

どちらかというと、私の頭の中は、
不謹慎な下心でいっぱいです。あと少々のパスタ。
見習いますか?
止めといたほうがイイと思いますよ(笑)

毎度毎度、くだらない駄洒落ばかりかましていて、
大変申し訳なく思っています。
でも止めません。Don't stopです。すみません。
怒っちゃや~よ♪ すみません。

おひさです!

こはるです~
毎日暑くて、脳みそとけてますぅ~

私の祖母も愛媛なんですよ。

四国の海は本当に本当に美しく、
記憶に焼き付いてます。

また、行きたいな~

四万十川にもダイブしにいきたいなぁ。。

こはるさんへ

どうもこはるさん、お久しぶりでございます。

今日も暑いッスねぇ。
私などはギリギリ生きてる感じですよ。
秋まで生きながらえることができれば良いのですが…(笑)

こはるさんも実家が愛媛なんですか。
これまた奇遇な。
私の祖父母の実家は、目の前が砂浜でした。
透き通った海の底には、たくさんのウニたちが、自慢の針をニョキニョキ。
いいところですよね、本当に。
ここでダイブしたら…、さすがに血だらけですかね♪
パスタ熱血向上委員会

パスタ熱血向上委員会

Author:パスタ熱血向上委員会
パスタ人の
パスタ人による
パスタ人のための委員会

名誉係長:是二丸
お料理番長:シキリン
役職考え中:NANA
書記:キムラ
    (↑ブログの管理人)

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
パスタ熱浸透数
書記キムラの読書録2010-2012
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。