FC2ブログ

「大葉」de「大葉ジェノベーゼ」の巻

41240020.jpg

「バカ」と「アホ」の違いって何だろう?

ふと気になって、インターネットで検索をかけてみる。

「関東の人は『アホ』と言われると非常に侮辱されたと感じる場合が多い」
「関西の人は『バカ』と言われると非常に見下されたと感じる場合が多い」

どうやら、バカとアホの罵り具合には、地域差があるようで、
このことから、バカとアホの意味合いに、たいして違いがないことが分かった。

ちなみに私の周りでは「バカ」がメジャーだった。

また、この「バカ」を使った諺(ことわざ)も面白いもので、
「バカにつける薬はない」、「バカは死んでも治らない」とけなしてみれば、
「バカとハサミは使いよう」、「バカと天才は紙一重」などとフォローを入れてみたりもする。

言い方、言われ方、言う人、言われる人によってもかなり変わるのがこの「バカ」という言葉。

「ば~か」、自分よりもバカだと思っている相手に言われると、これほど腹立たしい言葉はなく、
「バカ」、稀に見うる可愛い子ちゃんにつぶやかれれば、
暑い夏をさらに熱くしたくなるような言葉も他にないわけだ。

まぁ、それにしても、「バカ」といい、「アホ」といい、
以前よりもずいぶんと使う機会が少なくなったように思う(たぶん)。

歳を重ね、私の心の許容範囲が広がったからだろうなどと、
その理由を考えていたが、なるほど、どうやらそれは違ったらしい。

というのも、
先日、私を含めた小学生からの友人4人で、冷たいビールや冷奴を囲みながら、
クダらない話を、ぐだぐだとイジくり合う機会があったのだが、
机上を飛び交う言葉の中で、最も使用頻度の高かったものは「バカ」だったからである。

「お前バカやな」、「あいつもバカやな」、「それはバカだ」、「これはバカだ」

…どいつもこいつも何も成長していなかった。

けれどもひとつ分かったことがある。
「バカ」は、近い相手でなければ、面と向かって言えない言葉なのだ。

さて、そんなわけで本日は、麺と向かった「大バカ」なパスタをご紹介。
「大バカ」ジェノベーゼならぬ、

『大葉(おおば)ジェノベーゼ』

<材料:2人前>
スパゲッティーニ…200g
大葉(みじん切り)…10枚
にんにく(みじん切り)…1かけ
オリーブオイル…大さじ3
粉チーズ…大さじ2
白ゴマ…大さじ2
塩・こしょう…各少々

<手順>
1 ボウルに大葉、にんにく、粉チーズ、白ゴマ、オリーブオイルを入れてよく混ぜ合わせる。
2 パスタの茹で汁とパスタを入れ絡ませたら、塩・こしょうで味を調えて、フィニッシュ!


震災地域の復興を願うとともに、
震災で犠牲になった方々へ、心よりご冥福を申し上げます。

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ


レシピブログに参加中。クリック求ム。

パスタ熱血向上委員会が推奨する、
プラスパスタのサイトはこちらから→「プラスパスタ 日本製粉webサイト
スポンサーサイト



テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

パスタ熱血向上委員会

パスタ熱血向上委員会

Author:パスタ熱血向上委員会
パスタ人の
パスタ人による
パスタ人のための委員会

名誉係長:是二丸
お料理番長:シキリン
役職考え中:NANA
書記:キムラ
    (↑ブログの管理人)

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
パスタ熱浸透数
書記キムラの読書録2010-2012
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる