スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こぶ茶」de「こぶクリームパスタ」の巻

40840041.jpg

この度は、このようなブログに、わざわざ足を運んでくださいまして、
誠にありがとうございます。そしてお疲れさまです。
いつもお世話になっております。パスタ熱血向上委員会の書記キムラです。

もうね、パスタ、パスタとバカのひとつ覚えみたいに、
毎回同じことばかりを言っていても仕方がないので、
たまには趣向を変えて、今回は頭の体操をしてみたいと思います。

あーゆぅおっけぃ? あーゆぅおっけぃ?

はぁ~い。
それでは突然ですが、問題です。


問題:ある母子家庭の家族がいます。彼らの会話を聞いて、次の問題に答えなさい。

A「私の性別は女性です」
B「私の性別はCと同じです」
C「私の性別はAとは違います」

さて、BとCの二人は、Aにとってどのような関係でしょう。答えなさい。



いきりなりの問題です。
さぁ、どうでしょう、分かりますでしょうか?

それでは解説です。
問題は、Aに対するBとCの関係を聞いています。

Aは女性なので、Aと性別が違うと言っているCは男性となります。
そして、BはCと同じ性別と言っているで、BもCも男性となります。
問題のはじめの分に母子家庭と書いてあるので…、もうお分かりでしょう。

答えは………、

………………、

………………、

二人は息子。 ということであります。

「ふたりはむすこ」

「こふりむはすた」

「こぶりーむぱすた」

『こぶクリームパスタ』

<材料:2人前>
スパゲッティーニ…200g
こぶ茶…小さじ1
ベーコン(短冊切り)…3枚
キノコ類(好きなモノ)…お好み
牛乳…200cc
にんにく…(みじん切り)
オリーブオイル…大さじ1
塩・こしょう…各少々

<手順>
1 フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で熱し、香りが立ったら、
  ベーコンとキノコを加えて、塩・こしょうで味を調えながら中火で炒める。
2 牛乳とこぶ茶を加え、よく混ぜ合わせたらパスタを絡めて、フィニッシュ!

はい。すみません。
クダらないオチでしたね。…オチているのかどうかも怪しいところです。

もはや、レシピ名までの流れが無理やり過ぎて、
自分が皆さまに何を伝えたいのか、本質的な目的を見失っているところであります。

正直言いますと、今回はネタが全く思い浮かびませんでした。
ネタの枯渇ですね。完全に。うっふん♪

それにしても、ヒドい問題だ。逆に貴重かも♪

けれども本当の問題は、
私のどうしようもない脳みそに違いないのだぁ~。


さぁ、パスタで考えよう(逸見さん風に)

BY パスタ熱血向上委員会書記キムラ


レシピブログに参加中。クリック求ム。

パスタ熱血向上委員会が推奨する、
プラスパスタのサイトはこちらから→「プラスパスタ 日本製粉webサイト
スポンサーサイト

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

「カシュナッツ」de「カシュナッチーノ」の巻

40680039.jpg

夢中になったアイドルっていますか?

山口百恵。松田聖子。おニャン子クラブ。モーニング娘。。AKB48…。
ジュリー。マッチ。光GENJI。木村拓哉。EXILE…。

私の場合は「鈴木あみ」でした。

実は私、周りの人たちから、女性の趣味が悪いとよく言われます。
鈴木あみに夢中になったのは、
高校生の時分でしたが、このときもクラスメイトの女子たちから、
心ない非難と顰蹙(ひんしゅく)という名の指導をうけた覚えがあります。

「木村くんて趣味悪~い」
「ちっとも可愛くないよ、あんなブリっ子のどこがイイの?」

うるさいやい。アミーゴはブリっ子じゃないやい。
ブリっ子、ブリブリ。ブリっと、そんな女子たちに屁をかましたい気分でしたが、
そこはグッと堪えました。罪の無い方たちまで巻き込むわけにはいきません。

ここだけの話、鈴木あみの写真集が発売されると聞いたときは、
仮病を使って高校を休み、本屋へ自転車を走らせたこともありました。
売り切れてしまうと、本気でそう思っていたのです。

けれども、熱病はやがて回復するもの。
彼女がタッキーと噂になったときなどは、「あぁ、そんなものか」と、
特に憤りを覚えることなく納得している自分がいました。
盲目時の私なら、弁慶キムラへと変化し、義経タッキーを叩き斬っていたかもしれません。

さて、そんな懐かしい記憶を辿りながら、同時に自分が、
今後、あんなにアイドルに夢中になることはないのだろうなとも思っています。

夢中になったアイドルっていますか?

ちなみに、同時期に活躍していたモーニング娘。の中では、
安部なつみこと「なっち」が好きでしたね。最近だと、パフュームの「かしゆか」お気に入りかな。

「かしゆか」「なっち」

「かしゆかなっち」

「カシユカナッチ」

『カシュナッチーノ』

<材料:2人前>
スパゲッティーニ…200g
カシュナッツ(クラッシュ)…好きなだけ
ピーマン(せん切り)…お好み
チューブにんにく…大さじ1/2
鷹の爪(種を取りちぎっておく)…お好み
オリーブオイル…大さじ2
塩・こしょう…各少々

<手順>
1 フライパンにオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れて弱火で熱し、
  香りが立ったらピーマンを強火で炒める。
2 カシュナッツを加えてサッとひと混ぜし、
  パスタを絡め、塩・こしょうで味を調えて、フィニッシュ!

おつまみ用のカシュナッツは塩気が強いので、塩・こしょうは抑え気味で調理してください。

そして、同時に、抑え気味という言葉を知る由もなく、
アミーゴにトチ狂っていた、あの頃の私に一言物申したい。

おい、コラ、キムラ。勉強だろうが、スポーツだろうが、アイドルだろうが、
何かに夢中になれるって素晴らしい♪

そもそもはこの「alone in my room」のPVを見たのが、熱病の始まりでした。
…趣味、悪いかな?




be together、be together、 こ~ん~や~は~ pasta♪

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ


レシピブログに参加中。クリック求ム。

パスタ熱血向上委員会が推奨する、
プラスパスタのサイトはこちらから→「プラスパスタ 日本製粉webサイト

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

「クリープ」de「トマトクリープパスタ」の巻

40840023.jpg

ほっと、コーヒーの冬。

どうも、パスタ熱血向上委員会で書記を務めております…。
といいますか、このところ、
ひとりパスタ熱血向上委員会になりつつある、書記キムラです。

11月も中旬を迎え、
街を包む空気もずいぶんと冷たいものへ変わってきました。

普段飲んでいるコーヒーが、
アイスからホットへと変わるこの時期が私は好き。

とりわけ日暮れ時に流れる空気は堪らないものがあります。

職場からの帰り道。
近所の家々から香ってくる夕餉の支度の匂いを嗅ぐと、
少年期の自分の姿がふと頭をよぎります。

公園から自宅へと続く、歩き慣れた帰り道を、
サッカボールを抱えながら足早に歩いていく私。
砂まみれの体操服を滲ませた汗が、蒸気となり夜空へと昇っていく。

夜道をぼんやりと温かく照らし出す街灯。
そして、どの家からも洩れている、照明の明かりと楽しげな笑い声。
肌にふれた、ヒンヤリとした北風が心地良い。

せつないんだよなぁ~、冬の夕暮れの空気って。
大好きです。特に何もないのに、
幼き日々の自分の姿を思い出して、懐かしさに胸がキュッと締め付けられます。

さて、そんな寒い冬の夜は、ホットコーヒーを飲んで見も心も温まりましょうね。

「ホットコーヒー(インスタント)」

<材料:2人前>
コーヒー粉…お好み
クリープ…お好み
砂糖…お好み
水(沸騰させておく)…お好み

<手順>
1 コーヒーカップにコーヒー粉を入れ、お湯を注ぎます。
2 お好みでクリープと砂糖を入れ、ほどよくかき混ぜて、フィニッシュ!

…じゃない、じゃない。違う。違うぞ~。
コーヒーの作り方を紹介してどうすんだ。こんなの誰でも知ってるっつ~の。
パスタだぞ。パスタ。このブログはパスタのブログだぞ~。

それでは、仕切り直させていただきます。

ほっと、コーヒーの冬。
コーヒをまろやかにするクリープを使った、クリーミィなトマトパスタはいかがでしょう?

「トマトクリープパスタ」

<材料:2人前>
スパゲッティーニ…200g
クリープ…小さじ3
ホールトマト缶…1缶
バター…大さじ3
塩…少々

<手順>
1 フライパンにホールトマト缶を入れ、潰しながら少し色が変わるまで弱火で煮詰める。
2 バターとクリープを加えてよく混ぜ合わせ、
  パスタを絡め、塩で味を調えて、フィニッシュ!

ちなみに、クリープは生クリームの代用品として、
様々なクリーム系のパスタに使える、お手軽アイテムです。
よろしければ、試してみてくださいね♪

それでは、前回、前々回に引き続き、3度目の正直ならぬ、3度目のお知らせです。
我々パスタ熱血向上委員会と「NIPPN(日本製粉株式会社)」さんが推進する、
プラスパスタ」のサイトに新メニューが加わりました。

今回は中華の素で有名な「CookDo」とのコラボレーション企画。
私を含め、料理番長のシキリンさんなどが考案したパスタレシピが掲載されています。
よろしければ、「コチラ」をクリックして覗いてみてくださいね♪


違いが分かる男のゴールドブレンドパスタ

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ


レシピブログに参加中。クリック求ム。

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

「明太子」de「めんたいペンネ」の巻

42090018.jpg

今月、幼馴染の友人が結婚します。

何も友人の結婚式に出るのが、今回がはじめてというわけではありませんが、
「結婚」と聞くと、やはりいろんな事を考えます。

まず思うのは、はたして、今後の私が進んでいく人生年表の中に、
「結婚」という文字があるのかどうか?

まぁ、それは神のみぞ知るということで、考えてもキリがないようです。

そして次に思うのが、
「結婚」は「幸せ」というものに繋がっていくのかということ。

昨今、テレビニュースや新聞記事から聞こえてくる、
「離婚率の上昇」、「家庭内暴力」といった文字の羅列たち。

幸せなことに私の両親は、息子から見ても仲の良い夫婦だと思います。
けれども世間では、もはやそれが当たり前のことではないとされている。

自分が選んだパートナーと一生を添い遂げるというのは、
なかなかに難しいことなのだなぁと考えてしまいます。

残念ながら、いまの私には、
一生などという、そんなに長い目線で未来のビジョンを見ることができません。

けれども、どうなんだろう。
未来のビジョンを見た上で「結婚」という選択肢を選ぶのも、
それはそれでロマンがないような…。

「結婚」。
結局のところ、よく分かりません。

けれども、つまり何が言いたいのかと申し上げますと、
自分の古くからの友人が結婚するというのは、
この上なく「めでたいですね」と、そういうことなのであります。

「めでたいですね」

「めでたいデスネ」

『めんたいペンネ』

<材料:2人前>
ペンネ…100g
明太子…1/2腹
オリーブオイル…大さじ2
マヨネーズ…大さじ2
黒こしょう…少々
ミント…お好み

<手順>
1 ボウルに明太子とマヨネーズを入れて混ぜ合わせる。
2 ペンネとオリーブオイルを加え絡ましたら、
  黒こしょうで味を調え、ミントをのせて、フィニッシュ!

ん~。
「結婚」=「愛」という結論に至りたいと願う私は、
まだまだガキんちょなのでありましょうか?

まぁね、でもね、そう信じたいんです。はい。
「愛」を信じたいの。「愛」に包まれたいの。そういうことです。

とはいえ、結婚すると聞くと、その都度、何だか友人が遠くに行ってしまうようで、
若干の寂しい気持ちがあるのも事実ですが…。


それでは、前回と同じく、お知らせをさせていただきます。
我々パスタ熱血向上委員会と「NIPPN(日本製粉株式会社)」さんが推進する、
プラスパスタ」のサイトに新メニューが加わりました。

今回は中華の素で有名な「CookDo」とのコラボレーション企画。
私を含め、料理番長のシキリンさんなどが考案したパスタレシピが掲載されています。
よろしければ、「コチラ」をクリックして覗いてみてくださいね♪


僕の髪がぁ~ 肩までのびて~ パスタと同じになったら
               約束どおり 町の教会で 結婚しようよ♪

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ


レシピブログに参加中。クリック求ム。

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

「納豆」de「納豆ボンゴレ」の巻

41290016.jpg

※注意:先に、このブログの「前回の記事」を読まれることを強くオススメ致します。
(もしくは冒頭のお話を全て読み飛ばしてしまうことをオススメします)


初恋と聞いて、いつも思い出すのは、納豆粒。

それはワタシがまだ14歳の頃のお話です。

あたたかな春のおとずれとともに、転入生として、ワタシの隣の席へとやってきた彼。
朝食に食べたのか、
ネバネバと糸を引いている納豆を、ホッペにベッタリとつけている様子が可愛いかったな。

「今日の給食に出るはずの納豆を分けて欲しいんだけど?」「うん、イイよ」
それが、ワタシと彼が交わした最初の言葉。

それから、ワタシたちは、先生の目を盗みながら、たくさんの話をしました。
おかめ納豆のこと。金のつぶのこと。なっとういちのこと。

噂好きな年頃の中学生たち。
そんな彼の様子は、すぐにクラスメイトたちの話題に挙がりました。

「おいおい、納豆ばかり食べてんじゃねぇよ」
「そんなんじゃねぇよ、バ~カ。納豆なんて、好きでも何でもねぇよ」

突き放すような彼の言葉。納豆が好きなのが分かっているからこそ、逆に辛かった。

それ以来、彼は納豆に関する話題について話すことを避けるようになりました。
まだまだ、話したいことがあったのに。
ねぇ、昨日、君が好きだって言ってた水戸納豆を食べたんだよ。

それから、半年が経ち、秋の色も深まってきた頃、
彼が、自らを大豆と一緒に発酵させ、人間納豆になるつもりだという噂を友達づてに聞きました。

ふとワタシの鼻先にふれた納豆の発酵臭。
そのとき、気付いたのです。ワタシも彼と同じぐらい納豆が好きだということを。

彼が人間でいられる最後の日。
ワタシはその下校時に、もうすでにネバネバと糸を引きはじめている彼の肩をたたきました。

振り返り、ワタシの顔を見て、
転校初日のように、納豆をホッペにたくさん付けながら微笑んだ彼。

「俺、やっぱり納豆が好きだわ…」
それが、ワタシと彼が交わした半年ぶりの、そして最後の言葉となりました。

さっきまで彼のほっぺに付いていた納豆が、目からこぼれた涙と一緒に落ちはじめます。
一粒、一粒、糸を引きながら、次から次へと落下していく納豆粒。
そして、彼の体から強く漂う発酵臭。

初恋と聞いて、いつも思い出すのは納豆。
人間納豆へと変化していく彼から無限に生成される、ネバネバの納豆粒。

そんな私の「納豆恋慕」。

「納豆恋慕」

「納豆レンボ」

「納豆ボンレ」

『納豆ボンゴレ』

<材料:2人前>
スパゲッティーニ…200g
納豆…2パック
あさり水煮缶(汁ごと)…1缶
長ネギ(みじん切り)…お好み
にんにく(みじん切り)…1かけ
サラダ油…大さじ1

<手順>
1 フライパンにサラダ油とにんにくを入れて、
  弱火で熱し、香りが立ったら長ネギとあさり水煮缶を中火で炒める。
2 パスタを絡ませ、納豆をのせて、フィニッシュ!

自作自演の自演パロディでございます。

実は、前回の「時雨恋慕」には、
このような、ネバネバネトネトな、B-SIDEストーリーがあったのですね。

どうですか? 楽しんでいただけましたでしょうか?
バカバカし過ぎて怒らないでくださいね。うっふん♪

それと、ここでお知らせです。
我々パスタ熱血向上委員会と「NIPPN(日本製粉株式会社)」さんが推進する、
プラスパスタ」のサイトに新メニューが加わりました。

今回は中華の素で有名な「CookDo」とのコラボレーション企画。
私を含め、料理番長のシキリンさんなどが考案したパスタレシピが掲載されています。
よろしければ、「コチラ」をクリックして覗いてみてくださいね♪


金のつぶ(とパスタ) 食べよう♪

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ


レシピブログに参加中。クリック求ム。

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

「赤貝味付け缶」de「時雨ボンゴレ」の巻

41240074.jpg

初恋と聞いて、いつも思い出すのは、秋の日の雨。

それはワタシがまだ14歳の頃のお話です。

あたたかな春のおとずれとともに、転入生として、ワタシの隣の席へとやってきた彼。
学生服の第1、第2ボタンをぶっきらぼうに開けているのが、
無理に強がっているように見えて、可愛いかったな。

「教科書見せて欲しいんだけど」「うん、イイよ」
それが、ワタシと彼が交わした最初の言葉。

それから、ワタシたちは、先生の目を盗みながら、たくさんの話をしました。
昨日見たテレビのこと。好きな漫画のこと。前に通っていた学校のこと。

噂好きな年頃の中学生たち。
そんな、ワタシたちの様子は、すぐにクラスメイトたちの話題に挙がりました。

「おいおい、お前ら付き合ってんのか?」
「そんなんじゃねぇよ、バ~カ。こんな奴、好きでも何でもねぇよ」

突き放すような彼の言葉。優しいのが分かっているからこそ、逆に辛かった。

それ以来、ワタシたちは、お互いに話すことを避けるようになりました。
まだまだ、話したいことがあったのに。
ねぇ、昨日、君が好きだって言ってた映画を見たんだよ。

それから、半年が経ち、秋の色も深まってきた頃、
彼がまた他の学校へ転校するという噂を友達づてに聞きました。

ワタシの胸に吹いた寂しげな風。
そのとき、気付いたのです。ワタシは彼のことが好きだということを。

彼がこの学校にいる最後の日。
ワタシはその下校時に、彼の肩をたたきました。

振り返り、ワタシの顔を見て、
転校初日の学生服のボタンのように、ぶっきらぼうに微笑んだ彼。

「いろいろ、ありがとな」
それが、ワタシと彼が交わした半年ぶりの、そして最後の言葉となりました。

さっきまで晴れていた空から、突如として雨が降りはじめます。
一滴、一滴、ワタシの頬を伝っては落ちていく、冷たい雨粒。
そして去りゆく彼の背中。

初恋と聞いて、いつも思い出すのは秋の日の雨。
冷たい、冷たい涙のような時雨。

そんな私の「時雨恋慕」。

「時雨恋慕」

「時雨レンボ」

「時雨ボンレ」

『時雨ボンゴレ』

<材料:2人前>
スパゲッティーニ…200g
赤貝味付け缶(汁ごと)…1缶
万能ネギ(小口切り)…お好み
鷹の爪(輪切り)…1本
バター…大さじ2

<手順>
1 フライパンにバターを入れて中火で熱し、鷹の爪と赤貝を炒める。
2 パスタを加え絡ませたら、万能ネギを散らして、フィニッシュ!

え~と、どうも、
パスタ熱血向上委員会の書記キムラです。
そして、どうも、
冒頭のお話はもちろんフィクションです。

そもそも私は♀ではなく♂でありまして、
初恋も14歳の頃ではありませぬ。あしからず&ごめんなさい。うっふん♪

あと、皆さん、
前回は私のくだらない、野球談議にお付き合いいただきありがとうございました。

中日対ロッテ。イイ試合でしたね。
あんなにドキドキする試合が夜遅くまでテレビで観れて私は幸せでした。

ドラゴンズの皆さん、
また来シーズン会いましょう。うっふん♪


初恋の味はカルピス…ではなくパスタの味

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ


レシピブログに参加中。クリック求ム。

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

「崖っぷちだぜ ドラゴンズ」の巻

やべぇぜ、ピンチだぜ。

え? パスタ?
いやいや、今日ばかりはどうでもイイんだぜ。

昨日、我が中日ドラゴンズは千葉ロッテマリーンズに負けたぜ。
あと一度負けると、日本シリーズ敗退が決まってしまうぜ。

「俺に任せろ!」

                 無題1

あぁ、和田選手じゃありませんか。

任せます。任せます。あなたに任せます。
どうか、ドラゴンズを日本一にしてくれたもう。

シリーズの真っ最中なのに、「以前の記事」に引き続き、
このようなふざけたブログにお越しいただきまして、まことにありがとうございます。

ピシッ。

                無題1

ピシッ、ピシッ、ピシッ…。

えっ? 何なの? 和田選手の顔がひび割れて…。

ウィーン。

           無題2

ウィーン、ウィーン、ウィーン…。

あぁ~、このシーンは、
かの有名な映画、「トータル・リコール」で見たことがあるような…。

ガチョン。

     無題3

ガチョン、ガチョン、ガチョン…。

ですから、やっぱり中から出てくるのは…。

   無題4

「4番、レフト、アーノルド・シュワルツェネッガー」

あぁ~、やっぱり正体は、シュワちゃんなのね…。
とはいえ、州知事の仕事がご多忙中にも関わらず、どうもありがとうございます。

さぁ、いよいよシリーズも大詰め。
2010年のプロ野球はどのような結末を迎えるのでしょうか?

え? パスタ?
いやいや、今日ばかりはどうでもイイんだぜ。
そして明日からの試合が気になって、夜も眠れないんだぜ。

「がんばれ中日ドラゴンズ。だいじょうブイ!」


I'll be pasta

パスタ熱血向上委員会:書記キムラ

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

「フルーツ缶(ミックス)」de「マカロニフルーツポンチ」の巻

42060012.jpg

「ん?」と思いました。
このパスタを食べたときに、私は「ん?」と思ってしまったのです。

我々、パスタ熱血向上委員会は、
辰巳出版」さんと「日本製粉株式会社(NIPPUN)」さんに協力していただきながら、
絶品!簡単!100円パスタ」というレシピ本を出したり、
この「パスタ熱血向上委員会ブログ」を通じ、様々なパスタレシピを公開しています。

そんなわけで、いままで、たくさんのパスタレシピ案を練っては作ってきたわけですが、
中には、「ん?」というものがあったりなかったり…。

ちなみに、この場合の「ん?」は、
「ん~」と気分が落ち込んでしまう方の「ん?」になります。

「キムラ君は何を食べても美味しいと言うからアテにならない」
日頃から、そう言われている私でありますが、さすがにこのパスタを口にしたときには、
「ん?」という声が洩れ、続いて「ん~」と唸ってしまいました。
もしかすると、少しだけ泣いていたかもしれません…。

でもでも、食の好き好きはひとそれぞれですから、
もしかすると、もしかするかもしれません。それにカラフルで見栄えが良いですから。

世の中、ポジティブに前向きにいきましょう♪ ねっ? ねっ?
このレシピの合否を判断するのは私ではありません。皆さま方なのです(丸投げ)。

そんなわけで、この「ん?」パスタのレシピをご紹介。

「マカロニフルーツポンチ」

<材料:2人前>
マカロニ…100g
フルーツ缶(ミックス:汁をきる)…1缶
サニーレタス…1枚
オリーブオイル…小さじ2
酢…小さじ2
レモン汁…大さじ1
砂糖…小さじ1/2
塩・こしょう…各少々

<手順>
1 ボウルに酢、レモン汁、オリーブオイル、砂糖、塩・こしょうを入れ混ぜ合わせる。
2 マカロニを加え絡め、フルーツ缶をのせ、サニーレタスを添えて、フィニッシュ!

赤に黄色にオレンジと、フルーツの彩り豊かなこのパスタ。
スイーツなのか、はたまたサラダなのか?
謎が謎を呼ぶ事件の真相は、食べてみてからのお楽しみ。
はたしてマカロニ君と、パイナップル夫人の凸凹カップルは、
酢豚のパイナップルや、ドライカレーのレーズンのように、世間に認知してもらえるのか?
カギを握るのは、小さじ2杯の「酢」と、大さじ1杯の「レモン汁」。
人生、甘いだけでは面白くありません。たまには酸っぱくないとね♪
「え? パスタにフルーツをのっけちゃうんですか?」
いえいえ、のっけるのはフルーツだけじゃなくってよ。「夢」と「希望」ものっけるの。
さぁさぁ、いかがかな? 斬新な味わいに、思わず「ん?」という声が洩れてしまったはず。
もう一度口に入れてみて「ん?」。再度口に入れてみて「ん~」。
「アハ体験」なんて古い、古い。これからは「ん?」の時代よ。「ん?体験」。
少しだけ涙がでたのは、きっと君の優しさを感じたからさ。
21世紀、優しさの新基準「マカロニフルーツポンチ」はいかがでしょう?

なんて怒涛のような売り文句はどうかな? 
「マカロニフルーツポンチ」。オススメです(笑)


パ・ス・タ、フォ~!(レイザーラモンHG)

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ


レシピブログに参加中。クリック求ム。

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

パスタ熱血向上委員会

パスタ熱血向上委員会

Author:パスタ熱血向上委員会
パスタ人の
パスタ人による
パスタ人のための委員会

名誉係長:是二丸
お料理番長:シキリン
役職考え中:NANA
書記:キムラ
    (↑ブログの管理人)

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
パスタ熱浸透数
書記キムラの読書録2010-2012
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。