FC2ブログ

「ペペロンチーノの語源 カルボナーラの語源」の巻

熱血パスタ向上委員会、書記のキムラです。

前回から、この委員会のメンバー、
名誉係長の「是二丸」さんが、新しくブログに参加してくれることになりました。
なにやら、付け合せパスタの研究を行っていくそうですよ。

書記キムラともども、これからもパスタ熱血向上委員会をよろしゅうお願い致します。

おや? チャイムがなりそうですよ。
それでは、本日のパスタ講座のはじまり、はじまり~


キーン
  コーン
    カーン
      コーン 

はい、それでは授業を始めます。

今日は「ペペロンチーノ」と「カルボナーラ」の語源についてです。
コレ、期末の試験に出すつもりだから、しっかりと覚えておくように。

41980002.jpg

ペペロンチーノの作り方の基本は、
オリーブオイルを敷いたフライパンに、ニンニクと唐辛子を入れて炒めていくこと。

実は、これがペペロンチーノという名前の語源になってるんですね。

そもそも、ペペロンチーノの本名は、「アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」

イタリア語で「アーリオ」はニンニク。「オーリオ」はオリーブオイル。
「ペペロンチーノ」は、辛さの弱い唐辛子を意味しているんです。

素材名がそのままパスタのメニュー名になっているんですね。
ひねりがないと言われれば、それまでですが、
要は、それだけ、ペペロンチーノがシンプルなパスタだということです。

本国イタリアでは、日本でいうお茶漬け的なパスタ料理として親しまれているんですよ。

41980058.jpg

次はカルボナーラですね。

日本では、卵黄と生クリームを使った濃厚な味わいが人気ですが、
発祥の地であるローマでは、
生クリームを入れずに卵とベーコン、チーズのみのシンプルものが主流なんです。

さて、カルボナーラは、仕上げにブラックペッパーをふることが多いのですが、
そのことがこのパスタメニュー名の語源になっているんです。

イタリア語でカルボナーラは「炭焼き職人風」。
ブラックペッパーが、職人たちの手から落ちた炭のように見えることから、
そう名付けられたのですね。

なかなかユーモアの効いたメニュー名ですよね。
いやはや、イタリアンユーモアとでも言うのでしょうか。

とまぁ、普段何気なく目にする、
「ペペロンチーノ」、「カルボナーラ」という名前には、意味があったんですね。

いかがだったでしょうか?
もし、パスタ屋に就職する面接の機会などがありましたら、ぜひとも披露してみてください。
合格間違いナシです。

はい、そこ、早弁でパスタを食べない! 
とっさにマカロニを消しゴムに見立てるのは、さすがに無理があるぞ!

それでは、今日の授業を終わります。日直、挨拶を…


ゴジラvsモスラvsパスタ

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ


スポンサーサイト



テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

パスタ熱血向上委員会

パスタ熱血向上委員会

Author:パスタ熱血向上委員会
パスタ人の
パスタ人による
パスタ人のための委員会

名誉係長:是二丸
お料理番長:シキリン
役職考え中:NANA
書記:キムラ
    (↑ブログの管理人)

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

+ アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
パスタ熱浸透数
書記キムラの読書録2010-2012
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる