スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「街で噂のナポリタン パスタフローラ」の巻

「ナポリを見て死ね」

地中海はイタリア。
世界3大美港、ナポリの美しさを古人は、そう表現した。

けれども、もし彼らが、あの店のナポリタンを食べていたらならば、
きっとこう言ったに違いない…

「ナポリよりもナポリタン」

100710_1906~01

その店は、東京都の新宿区、
初台駅直結の東京オペラシティ内にある、「パスタフローラ」。

テラス席に腰を落ち着け、
優しげな光が降り注ぐ、サンクンガーデンを眺めながら、少しだけ日常を忘れてみる。

その刹那、突如としてやって来たのは既視感。

無題

デジャヴ。
そういえば、前にもここに来たことあったけ?

あの日浮かべた、君の笑顔を思い出す。

瞬間、目の前の風景が、白と黒とで彩られたモノクローム色へと変わっていく。
まるで、古ぼけて、くすんだしまったフィルムの中にいるみたい。

そして、その四角形に切り取られた世界に、君と私の記憶だけが広がっていく。
テーブルにこぼれた水のように、滲んで、染み込んで、ゆらゆらと広がっていく。

同じ場所に座っていた二人。
君と私は確かにここにいた。

いまも聞こえる、君の声。
少しだけ、まだ少しだけ、胸がいたみます。

メニューを開いて、注文するのは「横濱ナポリタン(780円)」。

「厳選された素材のみを使って作る、このお店の生パスタは国宝級です」

「もちもちっとしてるんだよぉ、ナポリタンがもちもちっとしてるんだよぉ。新感覚♪」

「そもそも、ナポリタン発祥の地は横浜と言われているから、この横濱ナポリタンというのは…」

街で聞こえた噂たちが、頭の中をぐるぐると反芻し始める。

さぁ、

さぁ、

やってくる。

街で噂のナポリタンがやってくる。

SH3H00210001.jpg

パスタフローラ 東京オペラシティ店
電話:03-5333-3101
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2
営業:平 11:00~23:00 土日祝 11:00~22:00
休:無休


パスタ>仙豆 

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ
スポンサーサイト

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

「街で噂のナポリタン  Green Cress」の巻

「ナポリを見て死ね」

地中海はイタリア。
世界3大美港、ナポリの美しさを古人は、そう表現した。

けれども、もし彼らが、あの店のナポリタンを食べていたらならば、
きっとこう言ったに違いない…

「ナポリよりもナポリタン」

100531_1647~01

その店は、東京都の新宿区、
神宮球場、ゴルフ練習場の横にある、「Green Cress」。

木漏れ日が差し込む、
開放的な空間が素敵なカフェテラスだ。

このお店は、
神宮球場周辺を利用する人々の、安息の場として使われている。

100531_1508~01

神宮球場。
見上げれば、初夏の風になびくフラッグたち。

あとひとつだけ、季節が移ろえば、
この球場は、高校球児たちの汗と涙、そして人々の声援と歓声でいっぱいになるのだろう。

金属バットから放たれる渇いた音。
舞い上がる土埃に、ベースに佇む蜃気楼。

暑く眩しい夏はもう間近だ。

100621_1209~01

神宮球場横、ゴルフ練習場。
そこには、ゴルフに励む、紳士と淑女たちがいる。

ゴルフ。それは、熱くなったら負けるスポーツ。
平常心であること。チャンスのときこそ冷静であること。

心とボールのコントロール。

それは常に自分自身との戦いを意味する。
敵は己のみ。また、信じられるのも己のみ。

白いボールよ、彼らの想いをのせて、弧を描きつつ、どこまでも飛んでいくといい。

メニューを開いて、注文するのは「なつかしのナポリタン(950円)」。

「ゴルフの打ちっぱなしを精一杯頑張った後のナポリタン。これがイイんです」

「ちょっとおしゃれ系なナポリタンよね。ケッチャップというより、トマトソースな感じかな」

「野球を見てワイワイ騒いだ後は、このお店で、ナポリタンをワイワイ食べましょう(笑)」

街で聞こえた噂たちが、頭の中をぐるぐると反芻し始める。

さぁ、

さぁ、

やってくる。

街で噂のナポリタンがやってくる。

100531_1658~02

Green Cress
電話:03-3404-0035
住所:東京都新宿区霞ヶ丘町3-2 神宮外苑ゴルフ練習場内1F
営業:11:00~22:00
休:なし


底辺×パスタ÷2

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

「街で噂のナポリタン Aライセンス」の巻

「ナポリを見て死ね」

地中海はイタリア。
世界3大美港、ナポリの美しさを古人は、そう表現した。

けれども、もし彼らが、あの店のナポリタンを食べていたらならば、
きっとこう言ったに違いない…

「ナポリよりもナポリタン」

100604_1555~01

その店は、東京都の中野区、
商業住宅複合ビル、中野ブロードウェイの2Fにある、喫茶店「Aライセンス」。

中野ブロードウェイ。
かつてジュリーこと沢田研二や、青島幸男も住んだ高級ビルも、
45年の時を経て、いまでは、サブカルチャーの殿堂として知られている

漫画。音響機器。フィギュア。高級時計。カード。骨董。アニメ。古書。ゲーム。

ビル内に並ぶ、お店のライナップは、
生半可なオタク知識では、到底太刀打ちできやしないものばかり。

100604_1556~01

そう、このビルは、
夢を捨てられない大人たちのおもちゃ箱。

そう、このビルは、
いつかの自分に再会する為のタイムマシーン。

あの頃、あの日、あの時、
失くしてしまった宝物を探す旅へと出かけませんか?

そして、今日もたくさんの大人たちが、中野ブロードウェイに集う。
夢見がちな、少年、少女の顔をして…。

メニューを開いて、注文するのは「ナポリタン(680円)」

「Aライセンスの店内は、F1のグッズがいっぱいなんです。N・マンセルのサイン色紙とかね。」

「ブロードウェイを探索した後は、この喫茶店でナポリタン。これ基本です(笑)」

「ここのナポリタンは結構ピリ辛。粉チーズを振りかけて召し上がるのがオススメですわ♪」

街で聞こえた噂たちが、頭の中をぐるぐると反芻し始める。

さぁ、

さぁ、

やってくる。

街で噂のナポリタンがやってくる。

100604_1609~01

Aライセンス
電話:03-3386-1356
住所:東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ2F
営業:10:30~20:00

(おまけ)
51KhuDWf-xL__SS500_.jpg

中野ブロードウェイに深く潜りたい方はコチラの本をどうぞ♪
のせすぎ!中野ブロードウェイ」 辰巳出版:著/NBW友の会

ちなみに、「Aライセンス」は、元マヒナスターズの田渕純さんが歌う、
「ブロードウェイの人」の歌詞に登場してたりもします。 果てない恋のAライセンス~♪


赤パジャマ 青パジャマ 黄パスタ

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

「街で噂のナポリタン パンチョ」の巻

「ナポリを見て死ね」

地中海はイタリア。
世界3大美港、ナポリの美しさを古人は、そう表現した。

けれども、もし彼らが、あの店のナポリタンを食べていたらならば、
きっとこう言ったに違いない…

「ナポリよりもナポリタン」

100418_155329.jpg

その店は、東京都の渋谷区、道玄坂にある「パンチョ」。

このお店には大きな特徴が2つある。
それは、メニューが、ミートソースとナポリタンしか扱っていないこと。
そして、大盛りが無料であること。

そんなわけで、パンチョは、
「腹ペコさんたちが集まるスパゲッティ屋さん」として、現在注目を浴びている。

100418_162303.jpg

「腹ペコ」。
それは飢えていること。食べるという行為を欲するということ。

そして、人間はその欲求を果たすとき、ひとつの「快楽」を感じ得る。

快楽を求めよ。
快楽を味わえ。
快楽を楽しめ。
快楽を貪り食え。

何も恥ずかしがることはない。
食欲は、性欲、睡眠欲とならび、人間という動物の当然の性(さが)なのだから。

メニューを開いて、注文するのは「ナポリタン目玉焼き(700円)」

「この柔らか太麺ですよ。うん。これが、さらにボリューム感を増してますよ」

「今日はナポリタンを山ほど食うぞ~って気持ちのときは、いつもココに来ますね」

「いや、もう食えないッス(笑)」

街で聞こえた噂たちが、頭の中をぐるぐると反芻し始める。

さぁ、

さぁ、

やってくる。

街で噂のナポリタンがやってくる。

100418_163047.jpg

スパゲッティーのパンチョ
電話:非公開
住所: 東京都渋谷区道玄坂2-6-2 B1F


ツァラトゥスパスタはかく語りき

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

「街で噂のナポリタン RON(ロン)」の巻

「ナポリを見て死ね」

地中海はイタリア。
世界3大美港、ナポリの美しさを古人は、そう表現した。

けれども、もし彼らが、あの店のナポリタンを食べていたらならば、
きっとこう言ったに違いない…

「ナポリよりもナポリタン」

100424_1330~01

その店は、東京都の人形町にある「RON」。
人形町通りと金座通りがぶつかる交差点沿いにある、喫茶店だ。

「東京」と「江戸」が混在する街、人形町。

高層ビルの隣に、昔ながらの民芸品店、
呉服屋や、甘味処が並ぶ景色を、どこかしこで見ることができる。

100424_1356~02

「RON」が、この街にできたのは、230年も前のこと。
当時、このお店は喫茶店ではなく、「馬具商」として刀、鎧兜、鞍などを売っていた。

クルマやバイクなど、もちろんない時代。
店前の交差点を、行き交う江戸の人々たち。

立派なマゲを結ったお侍さんが、刀を腰にぶら下げながら堂々と闊歩する。

鮮やかな着物を着て、綺麗に着飾った娘たちが、黄色い笑い声を上げながら道を行く。

赤ん坊をおぶった女房に尻を蹴られる、商人の若旦那は、いつの時代も同じ。

町角では、子供たちがふんどし一丁で相撲をとっている。

100424_1331~01

はたして、その風景を実際に見ることは叶わない。

だからこそ、人々は何度も「イメージ」して、「アレンジ」を繰り返していく。
夢見がちな日本人たちは、それほどに「江戸」が好きなのだ。

メニューを開いて、注文するのは「ナポリタン(650円)」

「コーヒーが美味いんだよ。でも、ナポリタンはもっと美味いんだよ」

「好きだな、こういう昭和な雰囲気。喫茶店になったのは40年前だってさ」

「正統派の喫茶店ナポリタンですね。こういう直球型が結局のところ、一番美味いんです。」

街で聞こえた噂たちが、頭の中をぐるぐると反芻し始める。

さぁ、

さぁ、

やってくる。

街で噂のナポリタンがやってくる。

100424_1338~01

珈琲の店 RON
電: 03-3664-0409
住:東京都中央区日本橋人形町1-19-6

(おまけ)
100424_1406~01

人形町といえば、いまはコレですね、ドラマ「新参者」。
街のいたるところに、でっかい阿部寛さんのポスターが貼ってありました。

写真のお店は、第1話の主要舞台となっていた煎餅屋さん。


パスタ・イン・ワンダーランド

BY パスタ熱血向上委員会:書記キムラ

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

パスタ熱血向上委員会

パスタ熱血向上委員会

Author:パスタ熱血向上委員会
パスタ人の
パスタ人による
パスタ人のための委員会

名誉係長:是二丸
お料理番長:シキリン
役職考え中:NANA
書記:キムラ
    (↑ブログの管理人)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
パスタ熱浸透数
書記キムラの読書録2010-2012
最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。